@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダイオウヤシ【だいおうやし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダイオウヤシ
だいおうやし
royal palm
[学] Roystonea

ヤシ科(APG分類:ヤシ科)ダイオウヤシ属の総称。アメリカ・フロリダ州からバハマ諸島、キューバ、ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ共和国、プエルト・リコ、トリニダード・トバゴ、ガイアナ、ベネズエラに14種3変種が自生している。

 幹は単一で円柱状、高さ6~40メートル、径0.7~1メートル。種類によって幹の高・中・下部のいずれかが肥大する。幹肌は灰色、平滑で、葉痕(ようこん)が環紋をつくる。

 葉は羽状全裂葉、濃緑色で光沢がある。長さ2~5メートル、小葉は披針(ひしん)形、長さ0.75~1メートル、幅2.5~5センチメートル、葉並びは乱れる。葉鞘(ようしょう)は筒状で長さ1.2~1.8メートル。花は肉穂花序につき、雌雄同株の単性花。肉穂花序は葉鞘落下後に葉痕の上縁に着生して成長し、仏炎包は長さ1.3メートル、花柄は長さ1~2メートル。雌花は枝柄の基部近くに着生する。雌花の両側に1個ずつ雄花があるが、他の雄花は枝柄の先端に密生する。雌花には6本の無精の雄しべがあり、雄花には不稔(ふねん)の雄しべがある。果実は卵形で長さ2センチメートル、胚(はい)は底部にある。

 街路樹など観賞用に適し、もっとも普及しているダイオウヤシ(キューバダイオウヤシ)R. regia O.F.Cookは幹の高部が肥大する。またセダカダイオウヤシR. oleracea O.F.Cookは本属中の最大形で高さ30~40メートル、幹は等径で1~1.7メートル、芯芽(しんめ)を食用とする。

[佐竹利彦 2019年4月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイオウヤシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダイオウヤシの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科カエデカツラ科キンギョモナギイカダフウホザキノフサモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation