@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダイダロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダイダロス
Daidalos
クレタの迷宮の設計者として名高いギリシア神話の天才的工人アテネ王家に属していたが,弟子にしたタロスが,のこぎりを発明するなど,彼を凌駕するほどの天分を示すのをみて,これをアクロポリスから突落して殺したため,アテネから追放され,クレタ島に来てミノス王に仕えた。ミノスの妃パシファエが,雄牛に恋をすると,雌牛の模型をつくって中に彼女を入れ,思いをとげさせてやり,この交わりによってパシファエが牛頭の怪物ミノタウロスを生むと,それを閉じ込めるため迷宮を考案した。アリアドネに懇願されて,テセウスに糸玉を持たせ,ミノタウロスを退治したあと迷宮から脱出させればよいと教えたかどでミノスの怒りを買い,息子のイカロスとともに迷宮に閉されたが,人工をつくり,空を飛んでイタリアのクマエに逃れ,そこからシチリア島のカミコスに行き,コカロス王の庇護を受け,彼のために多くの建物を造ったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダイダロス(Daidalos)
ギリシャ神話中の人物で、建築・工芸名人クレタ島に迷宮(ラビリンス)を建造したが、ミノス王によってその中に幽閉され、人工の翼を使って子のイカロスとともに脱出した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ダイダロス
SFアニメ「超時空要塞マクロス」シリーズに登場する宇宙戦艦。地球統合軍の大型強襲揚陸艦。正式には「SLV-111ダイダロス」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダイダロス【Daidalos】
ギリシア伝説の名工匠。アテナイの人。その名は〈巧みな工人〉の。弟子にした甥が師をしのがんばかりの技量を示したため,これをアクロポリスから突き落として殺し,クレタ島の王ミノスのもとに逃れた。ここで彼は海神ポセイドンの雄牛に恋した王妃パシファエのために木製の雌牛を作ってやり,彼女が人身牛頭のミノタウロスを生むと,この怪物を入れておく迷宮ラビュリントスを造った。その後,アテナイの王子テセウスが怪物退治にやってきたときには,テセウスに恋した王女アリアドネに,王子が迷宮内で道に迷わぬための糸球の策を授けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダイダロス【Daidalos】
ギリシャ神話中の人物。工芸の名人。ミノス王の求めによりクレタ島の迷宮ラビリンスを造った。のち王の怒りに触れ、迷宮に子のイカロスとともに幽閉されたが、人工の翼を作って脱出したという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダイダロス
だいだろす
Daidalos
ギリシア神話に出てくるたぐいまれなる名工。伝説上のアテナイ(アテネ)王エレクテウスの子孫とされる。ダイダロスとは「巧みに技を凝らした」の意で、アテナイの工芸技術の象徴的存在と考えられる。またアテナイ近郊には、彼を祖とする工芸家の氏族ダイダリダイ(「ダイダロスの後裔(こうえい)」の意)がいたといい、クレタ、シチリア、エジプトなどには、さまざまな伝承を含むダイダロスの作と称される古い時代の遺物があった。
 彼は建築工芸の名匠であるだけでなく、斧(おの)や錐(きり)、膠(にかわ)、水準器などの道具の発明者でもあった。あるときダイダロスは、彼のもとで徒弟として修業していた甥(おい)のタロスの天分を恐れ、アクロポリスから突き落として殺してしまう。その近親殺害の罪科から、クレタ王ミノスのもとへ亡命するが、そこで王妃パシファエのために木造の牝牛(めうし)をつくった。その中に王妃をもぐり込ませ、本物の牝牛と思い込んだ牡牛(おうし)により、パシファエは恋情を満たすことができたが、王妃はやがて牛頭の怪物ミノタウロスを生む。ダイダロスは次にミノス王に命じられて迷宮ラビリントスをつくったが、ミノタウロスともどもその中に押し込められてしまう。そこで人工の翼(つばさ)をこしらえて、息子イカロスとともに迷宮を飛び出た。イカロスは父の戒めを守らなかったために、翼が外れて海へ落ち、おぼれ死んだ。そしてダイダロスはシチリアのカミコスに逃れた。[伊藤照夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダイダロス
(Daidalos) ギリシア神話中の人物。建築、工芸の名人で、クレタ島のラビュリントス(迷宮)の設計を行なったとされる。ミノス王の怒りにふれて投獄されたが、人工の翼をつくって、その子イカロスとともに幽閉されていた迷宮を脱出したといわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイダロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダイダロスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation