@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダイナミックMOSメモリ【ダイナミックモスメモリ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダイナミックMOSメモリ
ダイナミックモスメモリ
dynamic MOS memory
MOS電界効果トランジスタの導通 (オン) あるいは非導通 (オフ) を1あるいは0に対応させて情報を記憶する MOSメモリ一種MOSトランジスタゲートの浮遊容量に記憶用の電荷を与えるあるいは与えないによってトランジスタをオンあるいはオフにして記憶が行われるが,この電荷が漏洩によって徐々に失われるので,一定時間ごとに書込みを繰返す必要がある。このためにダイナミック (動的) メモリと呼ばれる。スタティック MOSメモリに比べるとトランジスタが少数ですむ利点があり,同一面積の半導体チップ上により多数の記憶単位を配置できるので,高集積化が可能である。小さな半導体チップ上に多量の情報が記憶でき,高速で動作するので,コンピュータの主記憶装置として磁心記憶に代って使用されつつある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイナミックMOSメモリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダイナミックMOSメモリの関連情報

関連キーワード

MOS双極型集積回路電卓電界効果トランジスターMISダイオードディプレッション型MOSトランジスタ集積回路MOSトランジスタ薄膜トランジスターCMOS

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation