@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダウ式平均株価【ダウしきへいきんかぶか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダウ式平均株価
ダウしきへいきんかぶか
Dow-Jones stock price average
ニューヨークのダウ・ジョーンズ社が毎日発表しているニューヨーク株式市場の平均株価。工業株 30種,鉄道株 20種,公共株 15種およびこれらの総合 65種の4種類がある。その特徴は,増資新株の権利落ちや,その他の人為的要因による株価変動を修正し,平均株価に株価動向の指標としての長期的連続性をもたせることにある。この創案者は,アメリカの『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙の発行所であるダウ・ジョーンズ社 (経済統計学者 Ch.H.ダウ創立) であり,その社名を冠してこのように呼ばれている。単純平均株価が株価合計を銘柄数で割って求めるのに対し,ダウ平均株価の計算方法は,権利落ちの都度新恒常除数を算出し,新株価平均を割って求められる。採用銘柄が少い,出来高または発行株数によるウエイトづけをしていない点で市場全体の動きを的確に反映していないという問題はあるが,統計の歴史が最も古く,世界的大企業を対象としていることから広く利用されている。日本でこの方式が応用されたのは第2次世界大戦後で,東京証券取引所では 1952年1月から上場株中の 225種につき,取引所再開日である 49年5月 16日の単純計算 176円 21銭を基準とした平均株価を発表した。 71年7月末に日本短波放送がこれを引継ぎ,さらに 75年5月1日からは日本経済新聞社が日々発表している (日経平均株価) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダウしきへいきんかぶか【ダウ式平均株価】
平均株価は株式市場全体の動向をみる指標として重要なものであるが,単純に現状の形成株価で平均すると,新株権利落ち配当落ちなどでプレミアム分が安くなることにより連続性が途絶え,指標としては不完全なものとなり,長期に利用しえなくなる。この変動要因を修正し,連続性をもたせるため考案されたのが,ダウ式平均株価(ダウ平均株価,あるいはダウ平均ともいう)である。名称の由来は,アメリカの経済統計学者ダウCharles Dowの設立したダウ・ジョーンズ社Dow Jones & Co.,Inc.(著名な日刊経済紙《ウォール・ストリート・ジャーナル》の発行元でもある)で創案され,これを公表したことから,この名称がついたものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダウしきへいきんかぶか【ダウ式平均株価】
アメリカのダウ=ジョーンズ(Dow Jones)社の開発した平均株価。修正平均株価の代表的なもの。ダウ平均。ダウ。 → 修正平均株価

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダウ式平均株価
だうしきへいきんかぶか
株価指標の一つ。単純平均株価には株式に特有な株価変動、たとえば増資新株の権利落ちなどによる株価の急落が現れるなどの欠点がある。これらの欠点を修正し、価格の長期的な連続性を表示するために考案されたものがダウ式平均株価である。アメリカの『ウォール・ストリート・ジャーナル』を発行するダウ・ジョーンズ社が、工業株30種平均をはじめ、数種の株価平均を算出するのに用いているダウ式修正法の算式によっていることからこの名がある。単純平均株価が株価合計を銘柄数で割って求められるのに対し、ダウ式平均株価Xは、株価合計を別途に計算された恒常除数で割って求めるところに特色がある。その算式は

恒常除数は、次の算式から求められる。

 額面発行による増資の多い日本の場合、ダウ式平均株価は単純平均株価より高くなる傾向があり、時の経過とともに現実の株価水準と遊離していく。そのため、東京証券取引所では、初め1949年(昭和24)5月16日を基準とする旧ダウ(旧東証修正平均株価指数)を発表していたが、1959年1月5日を基準とする新ダウ式平均株価を並行して発表することになった。その後1968年1月4日を基準とする東証株価指数を発表するようになって、1971年に新・旧ダウとも廃止となった。
 旧ダウについては当時の日本短波放送(NSB。現日経ラジオ社)が受け継いで、NSB225種修正平均の呼び名で発表、1975年からは日本経済新聞社が日経ダウ平均株価として発表、1985年からは日経平均株価(日経平均)と改称している。[桶田 篤]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダウしき‐へいきんかぶか【ダウ式平均株価】
〘名〙 (Dow-Jones average の訳語) アメリカのダウ‐ジョーンズ社が採用した計算法による平均株価。単純平均株価における増資新株の権利落ちによる値下がり分だけ平均株価が高くなるように除数を修正したもの。株価変動を修正し、株価の長期連続性を確保する。ダウ。ダウ平均。→修正平均株価

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダウしき‐へいきんかぶか【ダウ式平均株価】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダウ式平均株価」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダウ式平均株価の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation