@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダキア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダキア
Dacia
ドナウ川北部のカルパチア山地,トランシルバニア平原を中心とする,現ルーマニアに属する地方の古代ローマ時代の呼称。住民は農耕を主とし,スキタイ系の文化を有したが,前4世紀にはケルト文化の影響を受け,金銀を採掘し,ぶどう酒を産してギリシア諸都市と通交した。前 60年頃ダキア王ブレビスタスが諸部族を統合してケルト,イリュリア地方に侵入,ローマにとって脅威となったが,ローマのトラヤヌス帝が2度にわたって遠征 (101~102,105~106) ,ローマ領とした。ハドリアヌス帝のとき上下ダキアの2属州に分割され,のち3つに分けられ,サルミゼゲツサ,アプルムなどの都市が栄えた。ゴート人の侵入によりアウレリアヌス帝のとき (270) ,ローマから離れた。以後ダキアの語はドナウ川南方の属州の総称となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダキア(Dacia)
ドナウ川下流の湾曲部北岸の地域の古称古代ローマ帝国の属州の一。ほぼ現在のルーマニアにあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダキア【Dacia】
ドナウ川以北,カルパチ山脈を含む地域の古代の名。現在のルーマニアにあたる。金銀の豊かな地方で,前3世紀ころからギリシア世界と交渉があった。ゲタエ族,ダキア族が諸部族に分かれて住み,農耕を営んでいたが,トラキアがローマの支配下にはいると,前60年ころ首長ブレビスタBurebistaが諸部族を統合する国家をつくった。ローマ軍の侵略に,王デケバルスDecebalusは頑強な抵抗ののち敗れ,106年ダキアはローマの属州となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダキア【Dacia】
ドナウ川下流北岸地方の古称。古代ローマ帝国の属州の一つで、バルカン半島におけるラテン系民族の居住地。ほぼルーマニアに当たる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダキア
だきあ
Dacia
古代ローマの属州。ヨーロッパ南東部、ドナウ川下流湾曲部の北岸の地域。おおよそ現在のルーマニアにあたる。ダキア人は農耕民族で、紀元前4世紀にケルト文化を吸収し、カルパティア山脈の金・銀・鉄の鉱山を開発、前300年ごろからギリシア人と、前2世紀からはイリリクムのギリシア人諸都市やイタリア商人とも交易した。主要な輸入品はワインであった。分裂していたダキアの諸部族は前60年ごろブレビスタスBurebistasにより統一され、彼のもとでケルト人やイリリア人を征服してローマの属州マケドニアを脅かすまでになったが、彼の死後内部抗争により力は衰えた。紀元後1世紀末にデケバルスDecebalusのもとで軍事力は再興。ローマによるダキア征服はトラヤヌス帝の二度にわたるダキア戦争(101~102、105~106)により行われた。この戦争の模様はローマにあるトラヤヌスの記念柱に彫られている。イリリクムや東部諸属州からの人口流入で都市が発展したが、3世紀中ごろのゴート人の侵入の結果、アウレリアヌス帝は270年ごろダキアを放棄。4世紀にはダキアという名称はドナウ川下流南岸沿いのローマの属州名として使われた。[市川雅俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダキア
(Dacia) ドナウ川下流湾曲部の北岸に対するローマ人の呼称。紀元前六〇年頃、ブレビスタスが諸族を統一。二世紀初頭、ローマのトラヤヌス帝との二度の戦争に敗れてローマの属州となった。ほぼ現在のルーマニアにあたる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ダキア
Dacia
ドナウ川下流域,ルーマニア地方の古称
トラキア系のダキア人が居住。106年,トラヤヌス帝の遠征によってローマの属州(プロヴィンキア)となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダキア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダキアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation