@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダシュティー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダシュティー
Dashtī, `Alī
[生]1896. イラクカルバラー
[没]1982
イランの作家。 1918年祖国イランに帰ったのち,自由思想家として政府批判を行い投獄されたが,48年以降体制に順応,53年上院議員となった。『獄中の日々』 Ayyām-e maḥbas (1921) 発表以来,『フェトネ』 Fetne (43) ,『』 Sāye (46) など短編小説を執筆。 1950年代後半からはペルシア古典詩人について文学評論『ハーフィズの肖像』 Naqshī az Ḥāfiẓ (57) ,『ハイヤームとの一瞬』 Damībā Khayyām (66) など5編を発表し,古典文学研究者としても知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダシュティー【Dashtī】
1895‐
イランの作家,文学評論家。シーア派の聖地カルバラーに生まれる。レザーシャークーデタ(1921)に際し投獄され,獄中体験を盛った《幽囚の日々》(1921)をはじめ,《フェトネ》《ヘンドゥー》等の社会小説を著す。ジャーナリズムや政治にも関与し,1921年《赤い黎明》紙発刊,41年正義(アダーラ)党を創設。48年体制側に転向,53年上院議員に選出され,駐エジプト,レバノン大使を歴任。ペルシア古典詩人(ハーフィズ,サーディー,ウマル・ハイヤームら)に関する評論で知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

20世紀西洋人名事典

ダシュティー
Dashtī


1895 - ?
イランの小説家,文芸評論家,政治家。
元・イラン駐エジプト大使。
カルバラー生まれ。
1921年レザー・シャーのクーデターで投獄された。「赤い黎明」紙を発行し、’41年正義党を創設した。’48年体制側に転向し、’53年上院議員となる。駐エジプト大使、駐レバノン大使を歴任した。主著に「幽囚の日々」(’21年)、「フェトネ」「ヘンドゥー」等がある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダシュティー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダシュティーの関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation