@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダビッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダビッド
David, Félicien-César
[生]1810.4.13. カドネ
[没]1876.8.29. サンジェルマンアンレ
フランスの作曲家。イエズス会の学校で音楽を学び,エクサンプロバンスのサンソベール大聖堂の聖歌隊指揮者を経て 1830年パリ国立音楽院に入学した。翌 1831年にサン=シモン伯爵の社会主義運動に加わり,同派の儀礼音楽を作曲。1833~35年中東を旅行し,帰国後東洋音楽の要素を取り入れた合唱曲,交響曲,オペラなどを作曲した。代表作は交響詩砂漠』Le Désert(1844)。ダビッドの音楽はエクトール・ベルリオーズ,カミーユ・サン=サーンスに称賛され,またジョルジュ・ビゼーの『ジャミレー』Djamileh(1872)やジュゼッペ・F.F.ベルディの『アイーダAida(1871)などのオペラに影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダビッド
David, Jacques-Louis
[生]1748.8.30. フランス,パリ
[没]1825.12.29. ベルギー,ブリュッセル
フランスの画家。新古典主義(→新古典主義美術)の創始者,指導者。フランソア・ブーシェ,ジョゼフ=マリー・ビアン師事,1774年ローマ大賞を得てイタリアに留学(1775~80)。初めボローニャ派の作品を学んだが,しだいに古典主義(→古典主義美術)に傾倒した。帰国後,最初の大作『ホラチウス兄弟の誓い』(1784~85,ルーブル美術館)を発表。ルイ16世宮廷画家となったが,フランス革命時代はジャコバン党員(→ジャコバン派)として革命に味方し投獄された。その後ナポレオン1世の台頭とともにその寵を受け,皇帝の首席画家となって画壇に君臨。古典彫刻における厳正な構図と形式を重視して,社会的,歴史的な題材を精緻な筆致で描いた。門下にはフランソア・ジェラール,アントアーヌ=ジャン・グロ,ジャン・アングルなどがいる。ナポレオンの失脚後は追放され,1816年ブリュッセルに亡命,同地でした。その他の主要作品に『マラーの死』(1793,ベルギー王立美術館),『サビニの女たち』(1799,ルーブル美術館),『レカミエ夫人像』(1800,ルーブル美術館),『ナポレオン1世の聖別式』(1805~07,ルーブル美術館)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダビッド
David, Pierre-Jean
[生]1788.3.12. アンジェ
[没]1856.1.5. パリ
フランスの彫刻家。通称 David d'Angers。 19世紀初頭の新古典主義に反対し,ロマン主義彫刻を主唱した代表的彫刻家。 17歳でパリに出て P.ローランに師事,1811年ローマ大賞を受けイタリアに遊学,一時 A.カノーバのもとで制作した。 16年パリに帰り,穏健な写実的技法により多くの肖像彫刻メダルを制作,その数は 500をこえる。政治にも深い関心を示し,一時議員に選ばれたが,ナポレオン3世によりベルギーに追放された。作品にはパリのパルテノンの破風彫刻 (1835~37) のほか,コンデ公,ゲーテベンサムなど有名人の肖像が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダビッド(Jacques Louis David)
[1748~1825]フランスの画家。新古典主義の代表者。ナポレオン1世の首席宮廷画家となった。作「サンベルナール峠のボナパルト」「ナポレオンの戴冠(たいかん)式」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダビッド【Jacques Louis David】
1748‐1825
フランス新古典主義の代表的画家。フランス革命初期の数年間は熱烈な革命派として,ナポレオン台頭後はその主席画家として,革命およびナポレオン時代の諸事件の視覚的な記録を後世に残した。パリに生まれ,1766年,絵画における新古典主義様式の創始者の一人ビアンJ.Vienの弟子となる。74年,数度の失敗の後にローマ賞を獲得,翌年から5年間ローマに留学。この間ルネサンス以降のイタリア絵画から堅固な造形法と力強い陰影法を学び,また批評家カトルメール・ド・カンシーとの交友を通じて古代芸術の様式の構築性と古典的主題の偉大さに目覚め,ロココの軽妙洒脱を放棄するに至る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ダビッド
(Jacques Louis David ジャック=ルイ━) フランスの画家。一九世紀初頭の新古典主義の巨匠。皇帝ナポレオンの首席画家。クラシシズムを帯びたリアリズムが特徴。代表作「ホラティウス兄弟の誓い」「ナポレオンの戴冠式」「レカミエ夫人像」。(一七四八‐一八二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダビッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダビッドの関連情報

関連キーワード

クライストペルス=ライケンブラウン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロスペイン独立戦争ビルデルデイクフィヒテ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation