@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダビング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダビング
dubbing
映画・放送用語。のついていないラッシュ・フィルムにせりふ,音楽,音響効果音,ナレーションなどをミックスして入れる作業。また録音したものを別のテープ音盤に再録すること。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダビング(dubbing)
[名](スル)
録音・録画されたものを別のテープなどに複製すること。また、HDDレコーダーに録画されたデータを光ディスクなどに複製すること。
映画・放送などで、せりふ・音など別々に録音したものを、伴奏音楽や擬音を追加しながら、1本のフィルムまたはテープにまとめること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だびんぐ【ダビング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダビング【dubbing】
スル
映画・放送などで、台詞せりふや音楽など別々に録音したものを一つにまとめること。
すでに録音・録画されている記録媒体(テープ・ディスクなど)から、新たな記録媒体に再録音・再録画をすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダビング
だびんぐ
dubbing
本来は、映画や放送の録音において、同時録音で台詞(せりふ)の編集を終えた音フィルムに、アフター・レコーディングの形でなまの伴奏音楽や音響効果などを追加録音することをいう。現在では、この意味から外れ、または範囲を拡大して、記録内容のコピー(複製)やムーブ(移動)などの操作を包括することばとして使われることが多い。このような用法は、テープレコーダーの普及によって、レコード、コンパクトディスク(CD)、テープなどのメディアに録音された内容を他のテープなどにコピーする複製作業をダビングと称したことが始まりで、その後、音だけでなくビデオ記録のコピーにもダビングということばが使われるようになった。さらに音や映像の記録がデジタル方式になると、著作権保護の立場からコピー制限が課せられるようになり、コピーをとると元のメディアの記録が消去される、ムーブとよばれる方式が登場するが、このムーブに対しても、ダビングという呼び方が使われている。BSデジタル放送の有料チャンネルや110度CS放送(東経110度に位置する通信衛星を使ったデジタル放送)の多くで採用されているコピーワンスとよばれるやり方はムーブで、レコーダーのハードディスクに記録された内容をブルーレイディスクやDVD-R(追記型のDVD)に移すことは1回限り可能であるが、移すと元のハードディスクから記録内容が消去される。地上デジタル放送、BSデジタル放送の無料チャンネルおよび110度CS放送の一部で採用されている「ダビング10(テン)」とよばれるシステムは、コピーとムーブの併用で、ハードディスクからブルーレイディスクやDVD-Rに移すことは9回までがコピーで、10回目にムーブとなって元のハードディスクから記録内容が消える。現在ダビングということばは広い意味合いで使われているが、コピーやムーブとの関連で定義がややあいまいに思われるのは、ダビングが学術用語ではなく、業界用語に由来する慣用語であるためである。[吉川昭吉郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダビング
〘名〙 (dubbing)
① 映画、放送などで、別々に録画・録音したフィルムやテープを一本にまとめること。また、すでに映像や音が収録されているフィルムやテープに、さらに、せりふ、音楽、効果音などを加えること。
※映画と批評(1939)〈津村秀夫〉三「イルマの台詞は他の女優のを使用するといふダビングの方法によってトオキイの新しい技巧をつくった」
② テープ、ディスクに録画・録音した内容を、別の記録媒体に複写すること。〔写真百科大辞典(1933)〕
※カラー・テレビの旋風(1956)〈室谷邦夷〉音楽を販売する会社「これをマザーとして一巻き四時間分(四分の一回転)のリールにダビングして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダビング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダビングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation