@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダマル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダマル
damaru
インド,チベットの小さな振り鼓 (でんでん太鼓) の類の膜鳴楽器古代サンスクリット文学彫刻シバ神の楽器として現れる。インドのは鼓形の両面に皮が張られ,胴につけたの先に小さな金属性の玉がつけられており,太鼓を振ると,その玉が両面に当って音が出る。両面の皮を紐で締めているので,その紐を締めたり,ゆるめたりすることによりピッチを変えることができる。宗教的な民俗音楽に多く用いられる。チベットのダマルは碗形の胴を背中合せにつけた形のもの。2つの頭骸骨でも作る。ラマ教誦経に用いる。モンゴルにもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダマル(ḍamaru)
インドおよびチベットの振鼓(ふりつづみ)。砂時計形の胴をもつ両面太鼓で、胴にひもを巻いてその先を垂らし、振ることによってひもの端の小球が膜面を打つ。→振鼓
インド北部のカシミールやパキスタン東北部の旧フンザ王国などの片面鍋形太鼓。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダマル【ḍamaru[ヒンデイー]】
インド古来の打楽器腰鼓の一種。インド神話によれば,シバ神は,宇宙創造の舞踊(ターンダバ)において,ムリダンガとともに,より小型で砂時計状の形をしたダマルを使用した。古典サンスクリット文学では,どくろを首からつるしたシバ教の一派の楽器とされる。中央のくびれた胴は木,陶器青銅などで作られており,両面の革は締紐によって双方に結びつけられる。12世紀ころのマルカンダ出土の彫像では,左手は締紐の上から胴をつかみ,右手の指が革の表面に触れている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダマル
だまる
amaru
インドおよびチベットの砂時計型両面太鼓。胴のくびれた部分に金属やコルクの玉のついた紐(ひも)を巻き、太鼓を左右に振って膜面に玉を当てて音を出す。大きさは8~30センチメートル、紐の両端に玉のついたものや片方だけのもの、布製の持つ部分があるものやないものなどさまざまである。胴は木、陶、青銅などでつくられ、チベットでは人間の頭蓋骨(ずがいこつ)を2個背中合わせにつけたものもある。インド神話のシバ神の持ち物とされ、本来は宗教儀式や呪術(じゅじゅつ)などに用いられたが、今日ではおもに大道芸人の用具となっている。[柴田典子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダマル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダマルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation