@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダム【だむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダム(Carl Peter Henrik Dam)
だむ
Carl Peter Henrik Dam
(1895―1976)
デンマークの生化学者。1923年よりコペンハーゲン大学に勤め、1929年教授となる。同年、脂質含量の低い餌(えさ)で飼育したニワトリは体の各部に出血傾向があり、その血液には明らかな凝固時間の延長が認められることをみいだした。ダムは、これは未知の微量栄養素の欠乏によると考え、この物質をビタミンKと名づけた。Kは凝固Koagulation(ドイツ語)のKである。1939年、P・カラーとともに、ムラサキウマゴヤシ(アルファルファの一種)からビタミンK1を単離することに成功した。K1は同じ年にE・A・ドイジーによっても得られた。その後ダムはK1の性質の解明、生理作用、医薬品としての応用面などを研究し、ドイジーとともに1943年のノーベル医学生理学賞を受賞した。ビタミンE、脂肪、コレステロールなどの研究もある。[石館三枝子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダムの関連情報

関連キーワード

島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation