@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダルブカ【だるぶか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダルブカ
だるぶか
darbuka
西アジアや北アフリカに分布する木製・陶製・金属製のゴブレット形片面太鼓。全長30~40センチメートルの胴に直径20~30センチメートルの皮膜が膠(にかわ)などで張られる。内部は空洞で、底部は開いたままになっている。奏者は楽器をわきに抱えたり膝(ひざ)の上にのせたりして支え、両手指と手のひらをさまざまに用いて繊細なリズムを打ち出す。地域により呼称も異なり、イランではドンバックとかザルブ、トルコではドゥンベレク、モロッコではデルボッカとよばれる。イランではおもに古典音楽合奏のリズム・パートに、その他の地域では民俗音楽の伴奏に用いられる。[山田陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダルブカ
ダラブッカ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダルブカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダルブカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation