@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダンテ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダンテ
Dante Alighieri
[生]1265.5/6. フィレンツェ
[没]1321.9.14. ラベンナ
イタリアの詩人。フィレンツェで金融業を営む貴族の家に生まれ,9歳のとき,美少女ベアトリーチェ・ポルティナーリを見そめ,9年後の 1283年再会し恋に落ちた。 1290年彼女の死にあい,強い衝撃を受け,彼女への愛を主題に「清新体」派の代表作とされる抒情詩集『新生』 Vita Nuova (1293頃) を書いた。以後,同世代の清新体派の詩人たちと交わるとともに,ボエチウスやキケロの作品に接し,古典を渉猟して多大の研鑽を積んだ。他方,フィレンツェの市政に参与したが,1302年に反対派によって永久追放処分を受けてからは孤独な放浪生活のうちに『饗宴』 Convivio (1304~07頃) ,『俗語論』 De vulgari eloquentia (1304~07頃,未完) などを執筆した。 1307年,大作『神曲』 Divina Commediaの構想がなり,『地獄編』 Infernoと『煉獄編』 Purgatorioを書き上げ,『天国編』 Paradisoを死の直前までかかって完成させた。この叙事詩は中世文明の集大成であるとともにルネサンス先駆をなし,世界文学の巨峰として他に隔絶した地位を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダンテ(Dante Alighieri)
[1265~1321]イタリアの詩人。フィレンツェの人。ルネサンス文学の先駆者で、早逝したベアトリーチェへの精神的愛を終生詩作源泉とした。政治家としても活躍。政変による追放後、放浪のうちに著作を続けた。叙情詩新生」、叙事詩「神曲」、論文俗語論」「饗宴」「帝政論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダンテ【Dante Alighieri】
1265‐1321
イタリア最大の詩人。長編叙事詩《神曲》を著して,ヨーロッパ・ラテン中世の文学,哲学,神学,修辞学などの伝統を総括し,同時に(きびす)を接して現れたペトラルカボッカッチョと並んで,ルネサンス文学の地平をきりひらいた。 フィレンツェの小貴族家柄に生まれ,父はアリギエーロ・ディ・ベリンチョーネ,母はベッラ,祖父の祖父カッチャグイーダは第2回十字軍に加わって戦死している。祖父ベリンチョーネと父アリギエーロはフィレンツェとプラトで金融業を営んでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ダンテ
だんて
Dante Alighieri
(1265―1321)

イタリア最大の詩人。不滅の古典『神曲』を著して、ヨーロッパ中世の文学、哲学、神学、修辞学、および諸科学の伝統を総括し、古代ギリシアのホメロスとローマのウェルギリウスが築いた長編叙事詩の正統を継承し、やや遅れて現れたペトラルカ、ボッカチオと並んで、ルネサンス文学の地平を切り開いた。

 1265年の5月もしくは6月に、フィレンツェの小貴族の家柄に生まれた。父親はアリギエーロ・ディ・ベッリンチョーネ、母親はベッラ。祖父の祖父カッチャグィーダは第2回十字軍に加わって戦死。祖父ベッリンチョーネと父アリギエーロはフィレンツェとプラートで金融業に従事していたが、ダンテの代に一家は裕福とはいえない経済状態にあった。けれども、貴族のたしなみとして、幼少から古典文法と修辞学を修め、青年時代にはフィレンツェ市国の上流階級に出入りし、学問の研鑽(けんさん)を積み、碩学(せきがく)のブルネット・ラティーニにも師事した。

[河島英昭]

俗語詩から清新体派へ

『神曲』のなかで主人公ダンテを導きながら、ローマの大詩人ウェルギリウスが「地獄」「煉獄(れんごく)」を案内することからも明らかなように、ダンテはギリシア、ローマの古典作家たちの文章を規範としたが、他方では同時代の新しい文学思潮にも敏感であった。当時は文章語としてラテン語がまだ圧倒的優位を占めていたが、1200年代後半に入ってようやくイタリア半島各地に勃興(ぼっこう)しつつあった俗語文学の詩法に、ダンテは着目した。イタリア語地域でもっとも早く俗語文学を開花させたのは、シチリア島におけるフェデリーコ2世の宮廷であった。ラテン文化の中心地であるローマの教皇庁と政治的に対立していたホーエンシュタウフェン家の宮廷は、首都パレルモに多数の吟遊詩人たちを流入させ、フェデリーコ2世自身が流麗なプロバンス恋愛詩の実作者であった。一般に「シチリア派」とよばれる詩人たちの「愛」をめぐって書かれた詩は、この派の一人ジャコモ・ダ・レンティーニが考案したといわれるソネット(十四行詩型)によって、いっそう一般化し、ホーエンシュタウフェン家の没落後、俗語詩の中心は北イタリアに移った。なかでもボローニャはヨーロッパ最古の大学を擁し、ここにおいて宮廷恋愛詩は「愛」をめぐり哲学的相貌(そうぼう)を帯びるに至った。

 1287年に、ダンテはこの大学都市で数か月を過ごし、前述のブルネット・ラティーニに師事したり、「愛」を主題とする新しい詩法に接したりした。この種の「愛」をめぐる詩をつくった者たちを概括して「清新体派」とよぶが、ダンテはその第一人者になったことを自認して、『神曲』のなかで次のように歌っている。「チマブーエは画壇の王座にある/と思っていたのが、名声はジョットにあり、/いまや彼の栄誉はかげってしまった。/同じようにグィードが別のグィードから/言語の栄光を奪ったが、たぶんそのいずれをも/巣から追い出す者はもう生まれている。」(「煉獄編」第11曲、94~99行)
[河島英昭]

ベアトリーチェ像の定着

グィード・グイニツェッリ、グィード・カバルカンティ、ラーポ・ジャンニ、またのちにはチーノ・ダ・ピストイアなど「清新体派」の詩人たちと親交を結びながら、ダンテが哲学的な「愛」の詩を寓意(ぐうい)にまで高めたのは、ベアトリーチェ(愛を与える者)という女性像を詩法のうちに定着させたときからである。昨今の研究によってダンテの初期の詩作品に『フィオーレ』や『愛のことば』などが想定されるようになったが、いまのところ確実に最初の作品と断定できるのは『新生』(1292~93もしくは94)である。一種の詩文混交体で書かれたこの作品のなかで、ダンテは9歳の終わりごろ(すなわち1274)ベアトリーチェに初めて会い、そのとき彼女のほうは9歳の初めであったが、それから9年を経て18歳のときにフィレンツェの路上でたまたま再会し、彼女が会釈をしたという。が、さしたる交渉もないまま、1290年にベアトリーチェは亡くなってしまう。彼女を実在の人物とするか、あるいは『神曲』「天国編」のなかで詩人を導く久遠の女性の象徴とするか、この点をめぐってさまざまな解釈がなされてきたが、実在説のモデルとしては、詩人と同じころフィレンツェに住み、銀行家シモーネ・デ・バルディに嫁したフォルコ・ポルティナーリの娘ビーチェであったという。他方、ダンテは1277年(すなわち12歳のとき)から父親の意志によって婚約者と定められていたマネット・ドナーティの娘ジェンマと95年に結婚し、ヤーコポ、ピエートロ、アントーニア、そしてもう1人はたぶんジョバンニという名の、少なくとも4人の子供たちが生まれた。

[河島英昭]

愛を通して魂の浄化に

ダンテ文学への接近の方法は二つに大別できるであろう。第一は、「愛」をめぐる関心から読み進む道であり、詩人は『新生』や『神曲』のなかで、ベアトリーチェを結局、三位(さんみ)一体説への導き手に仕立てている。先に触れたところでも、詩人がベアトリーチェに初めて会ったときや再会したときに、しきりに「9」という数字を用いるのは、その具体的な表れの一つである。周知のように、『神曲』は「地獄」「煉獄」「天国」の3編からなり、漏斗(ろうと)状に地底へ落ち込む「地獄」が9の円周から、地上楽園へ登り詰めていく「煉獄」の山が3種の愛の層から、またプトレマイオスの天動説に基づく「天国」が10天の輪から、それぞれ構成されていたり、『神曲』100歌が3行一連のテルツァ・リーマterza rimaの形式で整然と書き抜かれ、「地獄」「煉獄」「天国」の3編がそれぞれ33歌からなっていたりすることなどは、いずれも1、3、9、10(1+3の二乗)、100(10の二乗)といった数値に根拠を置いている。そして読者は、これらの数の文(あや)にとらえられながら、詩編を読み進むうちに魂の浄化を遂げていくことになる。

[河島英昭]

正義感を貫いた政治的姿勢

ダンテ文学への接近の第二は、1300年前後のイタリアの混乱した政治的状況の認識とそのなかで詩人が苦しみながら生きざるをえなかった困難への共感とから読み進む道である。第一の読み方が「愛」を通して宗教(キリスト教)へ向かうとすれば、第二のそれは、いつの時代にあっても読者を軋轢(あつれき)の渦へ巻き込む政治へ向かう読み方であり、後者の場合にあって鍵(かぎ)となるのは「正義」である。たとえば、「煉獄編」第10歌93行において、いにしえの皇帝トラヤヌスが戦場へ向かわんとしているのを、すでに馬上にあった皇帝の片足にすがって貧しい女が公正な裁きを願い出て彼を引き留める。その嘆願を聞き入れたときの皇帝のことば「正義が欲して憐憫(れんびん)が引き留める」という1行は、『神曲』100歌を貫く正義感の端的な表れであるといっていい。

 青年詩人ダンテがフィレンツェ共和国の市政に関与していったころ、北イタリアの各自治都市はローマ教皇庁と神聖ローマ皇帝の両勢力のはざまにあって、グェルフ(教皇派)とギベリン(皇帝派)に分かれ、相克を繰り返していた。ダンテ個人の経歴で史実に照らして明らかなものとしては、1289年に教皇派のフィレンツェが皇帝派のアレッツォと決戦を交えたとき、騎兵隊の一員としてカンパルディーノの戦闘に参加した。やがて詩人はフィレンツェの市政に深くかかわっていくことになる。

 1295年の11月に、貴族出身のダンテは政治活動を行う必要上、「医薬業種組合」に加入し、ポーポロ選出の委員に加わり、12月にはサービsavi(元老)の1人となり、翌96年にはシニョリーアsignoria(政府)直属の百人委員会の1人に選ばれた。そのころ、フィレンツェ市の行政は、教皇派のなかでも、共和国の自立政策を掲げる白(はく)党と、商業上の利益から教皇に強く結び付く黒(こく)党とに分裂し、これがさらに市の名門チェルキ家とドナーティ家の確執と絡み合い、複雑な争いを繰り返していた。ダンテは1300年に、教皇派の同盟のため使者としてサン・ジミニャーノに赴き、その年の夏にはプリオーレpriore(統領)になった。しかし黒白両党の争いが激化して、教皇ボニファティウス8世が調停使節を派遣し、フィレンツェの内政に干渉しようとしたため、政権を握っていた白党はこれを阻む目的で01年10月、ダンテを含む3人を使者としてローマへ送った。だが、その間に教皇の使節バロアはフィレンツェに入り、政変が起こって黒党の天下となったため、02年1月、ダンテは故国に帰れないままに公金横領の罪に問われ、市国外追放と罰金刑を宣告され、さらに3月には罰金を支払いに出頭しなかった理由で永久追放の宣告を受け、捕らえられれば火刑に処せられることが決まった。

[河島英昭]

放浪のなかにも執筆を継続

以来、ダンテは二度と故国に戻ることなく、北イタリアの都市から都市へ流浪を続けるが、初めのうちは他の白党の同志たちと謀って、フィレンツェ復帰を画策したがいずれも失敗に終わり、最後には一人一党を宣言した(「天国編」第17歌)。しかしながら、この苦難に満ちた他郷での生活のうちに、詩人として『神曲』3編を書き続けるかたわら、より強固な意志を保ちながら、1304年から07年ごろまでに、哲学的論文『饗宴(きょうえん)』(未完)やラテン語による詩論『俗語論』(未完)も執筆した。そして10年には、神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世がイタリアに攻め下ってきたのを機に、政情の変革を期待して『帝政論』をラテン語で書いたが、13年に皇帝が急死し、これによって故国フィレンツェに帰る望みはいっさい絶たれた。そしてベローナのスカーラ家やラベンナのポレンタ家の宮廷に賓客として迎えられ、20年にはベローナで行った講演をもとに『水陸論』が書かれた。21年9月、ラベンナのグィード・ノベッロ・ダ・ポレンタの使節としてベネチア共和国へ赴いた帰途、急の病(マラリアと推測されている)を得て、同月13日から14日にかけてラベンナで没した。遺骸(いがい)は同市聖フランチェスコ教会堂の一角に埋葬されている。

[河島英昭]

後世への影響

ダンテの文学が後世へ与えた影響は絶大なものがあり、イタリア国内はもちろんであるが、たとえばブレイク、ロングフェロー、ジョイス、T・S・エリオット、パウンドなど、英語圏の詩人や作家たちの名前を思い起こすだけでも、その一端がうかがえるであろう。日本でも明治以来、上田敏(びん)、森鴎外(おうがい)をはじめ、多くの文学者たちがダンテの文学に注目し、かなりの数の翻訳と紹介が行われてきた。その傾向を大別すれば、第一は上田敏を頂点とする純文学的動機によるもの、第二は内村鑑三、正宗白鳥(まさむねはくちょう)らによる宗教的関心に基づくもの、第三は阿部次郎をはじめとする哲学的・倫理的傾向のもの、第四は政治と文学との緊迫した関係から、とりわけ第二次世界大戦下の状況のなかで矢内原忠雄(やないはらただお)、花田清輝(きよてる)、杉浦明平(みんぺい)らが寄せた関心など、になるであろう。なお翻訳には、たとえば『ダンテ全集』を刊行した宗教家中山昌樹(まさき)(1886―1944)など、熱烈なキリスト者(もしくは宗教者)の手によるものが多いが、代表作『神曲』の翻訳に関しては、原文に忠実で正確なものとして山川丙三郎(へいざぶろう)の訳業をあげねばならない。ほかに竹友藻風(たけともそうふう)、生田長江(いくたちょうこう)、野上素一(そいち)(1910―2001)、平川祐弘(すけひろ)(1931― )、寿岳文章(じゅがくぶんしょう)などの労作がある。

[河島英昭]

『上田敏著『詩聖ダンテ』(1901・金港堂)』『上田敏著『みをつくし』(1901・文友館)』『中山昌樹訳『ダンテ全集』全10巻(1925・新生堂)』『阿部次郎著『地獄の征服』(1933・岩波書店)』『黒田正利著『ダンテ 神曲』(1935・岩波書店)』『竹友藻風訳『神曲』(1952・河出書房)』『野上素一訳『神曲』(『世界文学大系6 ダンテ』所収・1962・筑摩書房)』『花田清輝著『地獄の周辺』(『花田清輝著作集Ⅱ』所収・1963・未来社)』『正宗白鳥著『ダンテについて』(『現代日本文学全集14 正宗白鳥集』所収・1965・筑摩書房)』『平川祐弘訳『世界文学全集 第三集3 神曲』(1966・河出書房新社)』『杉浦明平著『増補ルネッサンス文学の研究』(1966・未来社)』『矢内原忠雄著『土曜学校講義 ダンテ「神曲」』全3巻(1969・みすず書房)』『デ・サンクティス著、池田廉他訳『イタリア文学史(中世)』(1970・現代思潮社)』『クルツィウス著、南大路振一他訳『ヨーロッパ文学とラテン中世』(1971・みすず書房)』『寿岳文章訳『世界文学全集2 神曲』(1976・集英社)』『岩倉具忠訳『ダンテ俗語詩論』(1984・東海大学出版会)』『河島英昭著『叙事詩の精神』(1990・岩波書店)』『アウエルバッハ著、小竹澄栄訳『世俗詩人ダンテ』(1993・みすず書房)』『ボルヒャルト著、小竹澄栄訳『ダンテと中世ヨーロッパ』(1995・みすず書房)』『山川丙三郎訳『神曲』全3巻(岩波文庫)』『ブルクハルト著、柴田治三郎訳『イタリア・ルネサンスの文化』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダンテ
(Dante Alighieri ━アリギエリ) イタリアの詩人。フィレンツェの政治的対立に関係して追放され、流浪の旅に半生を送りながら、偉大な作品を生み出した。代表作「神曲」は、中世の精神を総合し、またルネサンスの先駆となった。初恋の乙女ベアトリーチェの早世が、終生、詩作に大きな影響を及ぼしたといわれる。作品は他に「新生」「饗宴」「帝政論」など。(一二六五‐一三二一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ダンテ
Dante Alighieri
1265〜1321
中世イタリア最高の詩人
フィレンツェの貴族。教皇党ゲルフ)の一員として20年間市政府の要職についたが,政争に敗れ,1302年に追放されて放浪の生活を送り,ラヴェンナ病死。1283年,美少女ベアトリーチェとの出会いを機に,『新生』(1293 (ごろ) )や『神曲』を書いた。そのほか,『俗語論』『帝政論』などを著す。近代国民文学の先駆であり,イタリア−ルネサンスの開幕に寄与した巨人でもあった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンテ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダンテの関連情報

関連キーワード

シモンドモンフォール旭烈兀土御門院小宰相シャルル1世モンフォールウルバヌス4世クレメンス4世ピサーノ(Nicola Pisano)向阿兀庵普寧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation