@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダーウィン結節【ダーウィンけっせつ】

世界大百科事典 第2版

ダーウィンけっせつ【ダーウィン結節 tuberculum Darwini】
耳介の前,上,後縁にわたり大部分輪郭の縁は,多少内方にまきこんでおり,耳輪と呼ばれる。耳輪の後上部のまきこんだ縁にときにみられるにぶい突起をダーウィン結節,あるいは耳介結節tuberculum auriculaeといい,小さな奇形と考えられている。まれには,この結節が貝殻状に突出しているマカクス耳Macacus earと呼ばれる奇形がある。サルの類では,耳介の遊離縁にはまきこみがなく,先端がとがっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ダーウィン結節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダーウィン結節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation