@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ダーウィン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ダーウィン
Darwin, Charles Robert
[生]1809.2.12. サロップ,シュルーズベリー
[没]1882.4.19. ダウン
イギリスの博物学者。『種の起原』をわして生物進化理論を確立した。 E.ダーウィンの孫。エディンバラ大学に入学する (1825) が,2年で退学,ケンブリッジ大学に入り直す (28) 。ここで植物学者の J.ヘンズローらに博物学を学ぶ。 1831年から海軍の『ビーグル』号に博物学者として乗組み,5年にわたって,太平洋,大西洋の島々,南アメリカ沿岸,ガラパゴス諸島などを訪れ,動植物相の観察や化石の採集地質の研究などを行なった。彼は航海中に行なった諸観察から,が変化する可能性を考えるようになり,37年よりそれに関するノートを書きはじめた。進化論の執筆を始めて (56) まもなく,R.ウォレスから彼の理論と同一内容の論文を受取り (58) ,C.ライエルらのはからいで業績の要約をリンネ学会で発表し (58) ,59年『種の起原』を出版した。ダーウィンの進化論は,彼以前の進化思想に比し,内容が科学的でしかもそれが豊富な実例によって裏づけられている点に特徴があり,強い説得力をもちえ,大きな反響を呼んだ。また『種の起原』は,環境への生物の適応を扱っており,生態学の出発点ともなっている。しかし一方で,ダーウィン自身 T.マルサスの『人口論』からの影響について述べており,また一般にその時代の自由放任主義 (レッセ・フェール) 理念の反映であるといわれることもある。進化論に対する宗教界からの攻撃には,T.ハクスリーが代って応戦した。ダーウィンは 71年『人間の由来』で,進化論を人間の起源にまで拡張した。以後,晩年は植物の運動に関する実験的研究を行い,その結果を『植物の運動力』 (80) などにまとめている。 20世紀に入って,ダーウィンの自然選択説とメンデル遺伝学とが組合わされて,現在の進化機構論が形成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン
Darwin, Erasmus
[生]1731.12.12. エルトン
[没]1802.4.18. ダービー
イギリスの医者,博物学者,詩人。 C.ダーウィンおよび優生学の創始者 F.ゴルトン祖父ケンブリッジ (1750~54) ,エディンバラ (54~56) 両大学に学んだのち,内科医を開業して成功。みずからの科学思想を詩に作って出版。『植物の園』 The Botanic Garden (92) ,『ズーノミア』 Zoonomia or the Laws of Organic Life (94~96) が代表作。特に後者は,進化思想を表わしたものとして名高い。動物は,そのおかれた環境に適応できるようにみずからをつくり変えると彼は考えたが,これは J.ラマルクの進化思想に共通した点を多く含み,C.ダーウィンの進化論の先駆をなすものとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン
Darwin, Sir George Howard
[生]1845.7.9. ケント,ダウン
[没]1912.12.7. ケンブリッジ
イギリスの天文学者。 C.ダーウィンの次男。ケンブリッジ大学に学び,同大学の天文学,実験哲学教授 (1883) 。 P.ラプラスケルビンらの理論を発展させ,地球-月系の運動における潮汐摩擦効果を明らかにし,月がかつて地球の一部から切り離されたものであると主張した (現在は誤りとみなされている) 。また数学理論に基づいて太陽系の進化を議論した。王立天文協会会長 (99) ,イギリス科学振興協会会長 (1905) をつとめ,1905年バス上級勲爵士に叙せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン
Darwin
オーストラリア,ノーザンテリトリーの行政中心地。アーネムランド北西端に位置し,ティモール海にのぞむ港湾都市で,パースからの沿岸航路の終点。 1911年まではパーマストンと呼ばれていたが,その後 C.ダーウィン (1838来航) にちなんで改名シドニーシンガポールを結ぶ国際空港もある。南東 500kmにあるラリマーまで鉄道が延び,南南東 1535kmのアリススプリングズ国道で結ばれる。ノーザンテリトリーの玄関として農牧産品,鉱産物が集散される。 74年 12月のサイクロンで大きな被害にあい,建物の大半が破壊され,人口が一時減少したが,復興した。人口6万 9809 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ダーウィン(Charles Robert Darwin)
[1809~1882]英国の博物学者。進化論提唱。1831年から5年にわたりビーグル号の世界一周航海に加わり、動植物や地質を調査。1858年にA=R=ウォーレス連名で進化論について発表。翌年種の起源」を刊行。ほかに著「人間の由来」「ビーグル号航海記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン(Darwin)
オーストラリア北部、ノーザンテリトリー都市。同準州の行政中心地。チモール海に面し、港湾をもつ。国際航空路の要地。旧称パーマストン。博物学者C=R=ダーウィンにちなみ改称。第二次大戦中、連合軍拠点が置かれ、日本軍による空襲を受けた。カカドゥ国立公園リッチフィールド国立公園への観光拠点。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ダーウィン【Darwin】
オーストラリア,ノーザン・テリトリーの主都。人口6万8000(1991)。平均気温は最暖月(11月)29.6℃,最寒月(7月)25.1℃,年降水量は1536mmで,5~10月が乾季となる熱帯サバンナ気候である。同国北部の交通・通信の拠点で,港湾および国際空港がある。1839年,ビーグル号のストークスが来航し,科学者ダーウィンにちなみ命名した。69年に入植されパーマストンPalmerstonと名付けられたが,1911年に公式にダーウィンと改称された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ダーウィン【Charles Robert Darwin】
1809‐82
イギリスの博物学者。自然淘汰による進化論提出著名な進化思想家E.ダーウィンを祖父とし,医者ダーウィンRobert Darwin(1766‐1848)を父とする。母方は陶器製造で有名なウェッジウッド家。幼少年期より,昆虫採集,狩猟などに興味をもった。エジンバラ大学医学部に入学したが中途退学して,ケンブリッジ大学神学部に学ぶ。地質学,動物学に関心をもつ。A.vonフンボルトの《南アメリカ旅行記》に魅せられ,探検旅行の夢をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ダーウィン【Erasmus Darwin】
1731‐1802
イギリスの医師で詩人,進化思想家。C.ダーウィンの祖父。発明の才もあり,リンネの紹介者,ルナ・ソサエティの創立メンバーとしても著名。著書《植物の園》(1789,91),《ゾーノミア》(1794,96),《自然の殿堂》(1803)に進化思想が現れている。フィラメント状の生命がかつて一度だけ海に生じて,漸次,種々の生物に発達したとし,G.L.L.deビュフォンの影響がうかがえる。詩作はロマン派詩人に影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ダーウィン【George Howard Darwin】
1845‐1912
イギリスの天文学者。進化論で著名なC.ダーウィンの次男である。ケンブリッジ大学で天文学を専攻し,1868年に同学を卒業後,特別研究員を経て83年同学の天文学および実験物理学の教授となった。潮汐論,天体形状論,三体問題の周期解の研究などで多くの業績がある。とくに月が地球から分離したという月の起源論は歴史的に著名である。92年に王立天文学会の金牌を受賞し,99年には同会会長となった。主著に《潮汐》(1897)があり,また《科学論文集》全4巻(1907‐11)が刊行されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ダーウィン【Darwin】
オーストラリア北部にある港湾都市。大陸縦断道路の終点。航空路の中継地。白蝶貝しろちようがい採集の根拠地としても有名。旧名パーマストン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン【Charles Robert Darwin】
1809~1882 イギリスの博物学者。測量船ビーグル号で南半球を周航して動植物・地質を調査し、また育種動植物の変異の観察などをもとに、自然選択説を提唱、生物進化を説明。生物学ばかりでなく社会思想にも大きな影響を与えた。著「種の起源」「ビーグル号航海記」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ダーウィン
生年月日:1848年8月16日
イギリスの植物学者
1925年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ダーウィン
(Darwin) オーストラリア北部の港湾都市。一八七二年電信基地として建設され、第二次世界大戦中に軍港として発展した。国際航空路の要地で、大陸横断道路の起点。白蝶貝採取の基地としても知られる。旧名パーマストン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン
[一] (Erasmus Darwin エラスムス━) イギリスの医師、博物学者。チャールズ=ダーウィンの祖父。生物進化論の先駆者の一人。主著「ズーノミア」。(一七三一‐一八〇二
[二] (Charles Robert Darwin チャールズ=ロバート━) イギリスの博物学者、生物学者。自然選択説による進化論を提唱し、生物学ばかりでなく一般思想界にも多大な影響を与えた。測量船ビーグル号で世界を周航し、動植物、地質などの基礎調査を行なった。主著「種の起原」「ビーグル号航海記」。(一八〇九‐八二
[三] (George Howard Darwin ジョージ=ハワード━) イギリスの天文学者。チャールズ=ダーウィンの二男。潮の満干の研究から、地球と月との体系の起源と進化を考察。主著「潮汐ならびに太陽系における類似現象」。(一八四五‐一九一二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ダーウィン
Charles Robert Darwin
1809〜82
イギリスの博物学者
1831年からビーグル号で南方諸地域をめぐり,動植物・鉱物標本を採集。これをもとに自然淘汰・適者生存の進化論をたて,1859年『種の起源』として発表。この学説は自然科学・人文科学の両面にわたって大きな影響を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーウィン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ダーウィンの関連情報

関連キーワード

カルル13世ベートーベンマディソンオールコッククーパームラビヨフロッシュ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation