@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チェコ語【チェコご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チェコ語
チェコご
Czech language
チェコの公用語であり,ポーランドシロンスク (シュレジエン) 地方の一部でも話される言語ボヘミア語とも呼ばれた。話し手は約 1000万人。スロバキア語ポーランド語ソルブ語とともにスラブ語派の西スラブ語群に属し,特にスロバキア語とは非常によく似ている。単語の第1音節に固定強勢があるのが大きな特徴。 11世紀に古期教会スラブ語の文献中に散在する単語が最も古いもので,それ以降 14世紀までを古期チェコ語,15~16世紀を中期チェコ語,17世紀以後を近代チェコ語という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チェコ‐ご【チェコ語】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チェコご【チェコ語 Czech】
チェコ(ボヘミアモラビア)で話され,話し手の数は約1000万人。スラブ語派に属し,スロバキア語やポーランド語などとその西のグループを形成するが,とりわけスロバキア語とは近い関係にあり,この両言語間ではほぼ完全に理解し合える。文字はローマ字(ラテン文字)を用い,1音1文字の原則をよく守っている。ローマ字にない音にはč,š,žなどのように補助記号を用い,二つの文字を組み合わせて一つの音を示すことは(ch[x]を除いて)していない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チェコご【チェコ語】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チェコ‐ご【チェコ語】
〘名〙 インド‐ヨーロッパ語族スラブ語派西スラブ語群に属する言語。主としてチェコ国内で話される。ラテン文字で表記。スロバキア語とは、語彙と文法構造から見て同一言語といえるほど似ている。チェック語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェコ語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェコ語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation