@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チェリーニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チェリーニ
Cellini, Benvenuto
[生]1500.11.3. フィレンツェ
[没]1571.2.13. フィレンツェ
イタリア・マニエリスム(→マニエリスム)の代表的な彫刻家,金工家。父は建築家兼楽器製造家。15歳で金工家アンドレア・ディ・サンド・マルコーネに弟子入り。1519年ローマに出て古代彫刻を研究,またミケランジェロの影響を受ける。1540年までローマを中心に活動し,その間フィレンツェ,ベネチア,ナポリを転々とする。この期の作品は肖像メダル,コイン,宝石細工など。1540~45年フランソア1世の招きでフランスに滞在し,有名な『フランソア1世の塩入れ』(1540~43,ウィーン美術史美術館),『フォンテンブローのニンフ』(1543~44,ルーブル美術館)を制作した。1545年フィレンツェに帰り『コジモ1世の肖像』(1545~47,バルジェロ国立美術館),『ペルセウス』(1545~54,フィレンツェ,ロッジア・デイ・ランツィ),『キリストの磔刑像』(1562,エスコリアル聖堂)などを制作。波乱に富んだ生涯を記した『自叙伝』は特に有名で,芸術創造の過程とあわせて 1527年のローマの略奪に続く何年かの苦悩するイタリアの内情をも伝えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チェリーニ【Benvenuto Cellini】
1500‐71
イタリア・ルネサンス期の彫刻家,金工家。フィレンツェに生まれ,金工家の工房で修業したのち,1519年ローマに移り,ここで約20年間彫刻と金工品の制作に従事した。この時期の作品として貨幣,金工および印章の作品がある。ローマ在住中,彼はライバルの金工師との決闘や公金横領の罪で投獄された。しかし,フランソア1世に救われ,王に招かれて40年フランスに渡り,43‐44年にフォンテンブロー宮殿の内部装飾のため,《ニンフ像》,神話モティーフにした〈銀製燭台〉,フランソア1世のための黄金の〈塩壺〉(ウィーン美術史美術館蔵)などを制作した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

チェリーニ
Benvenuto Cellini
1500〜71
イタリア−ルネサンス末期の彫刻家・金工家
フィレンツェ生まれ。メディチ家のコシモ1世の保護を受け,傑作『ペルセウス』の銅像を作った。その『自叙伝』は,当時の散文の代表作といわれる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェリーニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェリーニの関連情報

関連キーワード

バーナード ラガトシャニー デービスシャニー デービスグラント ハケットエルベン ベンネマルスイレイン ブストデニー モリソンシンディ クラッセンシンディ クラッセンマルク タイテルト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation