@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チェルノーゼム

デジタル大辞泉

チェルノーゼム(chernozem)
温帯の半乾燥気候下の草原地帯に発達する肥えた土壌黒色の厚い腐植層、その下に炭酸カルシウム集積層が重なる。ウクライナから西シベリア南部にかけて広く分布するほか、北アメリカにも分布。黒土黒色土

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チェルノーゼム【chernozem】
温帯の大陸性半乾燥気候下の多年生イネ科高茎草本を主とする自然草原(ステップ)に発達する土壌。ロシア語で〈黒い土〉を意味する言葉に由来し黒土(こくど)と訳されることもあるが,単なる黒色の土壌ではなく,日本で一般に黒土(くろつち)と呼ばれるものとはまったく異なる。ステップでは春先の融雪水と初夏の降雨によって草本類が急速に生長し,多量の有機物が土壌に供給される。しかし夏季の乾燥と冬季の凍結によって微生物の活動が中断されるため,有機物の無機化が妨げられる結果,土壌中に多量の腐植が集積する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チェルノーゼム【chernozyom】
半乾燥気候下の草原に発達する黒色の土壌。石灰分に富み、肥沃。ウクライナに典型的に分布。小麦の生産地帯が多い。黒土こくど

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェルノーゼム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェルノーゼムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation