@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チェルマク【ちぇるまく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

チェルマク(Erich von Seysenegg Tschermak)
ちぇるまく
Erich von Seysenegg Tschermak
(1871―1962)
オーストリアの植物遺伝学者、育種学者。岩石学者のG・チェルマクを父に、ウィーンに生まれる。ウィーン大学などで学び、実地の農業にも従事し、ハレ大学で学位を取得した。しかし、国内では研究できるポストが得られず、ベルギーのヘント(ガン)付近の農場でエンドウを材料にした交雑の研究を始めた(1898)。この研究はウィーン近くの国営農場でも続けられ、その結果は「エンドウの人工交雑について」という題で、1900年にド・フリースとコレンスの論文とともに『ドイツ植物学会紀要』に発表された。これらの論文はいずれもメンデルの遺伝法則を再発見したものであり、近代遺伝学の出発点をなした。その後、彼は育種にメンデルの遺伝法則を応用する研究に努め、多くの大学から称号を送られた。[真船和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェルマク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェルマクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation