@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チェレプニン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チェレプニン
Cherepnin, Aleksandr Nikolaevich
[生]1899.1.21. ペテルブルグ
[没]1977.9.30. パリ
ロシア生れのピアニスト作曲家。作曲家ニコライ・チェレプニンの子。ペテルブルグとパリの音楽院で作曲とピアノを学ぶ。 1934~35年来日。ピアニストとして,自作をはじめ日本の現代ピアノ曲の紹介に努めた。「チェレプニン賞」を制定して日本の作曲の振興尽力,これには伊福部昭松平頼則が入賞した。第2次世界大戦中はパリで過し,49年に渡米,シカゴのデ・ポール大学講師となる。作品は,ピアノ曲をはじめオペラ交響曲,合唱曲,歌曲など多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

チェレプニン Cherepnin, Aleksandr Nikolaevich
1899-1977 ロシアのピアニスト,作曲家。
1899年1月21日生まれ。1921年パリに亡命。各地へ演奏旅行をし,昭和9年来日。10年チェレプニン賞をもうけて日本人作曲家の管弦楽作品を募集,第1席に伊福部昭の「日本狂詩曲」をえらぶ。また日本人作曲家の楽譜を出版するなど,ヨーロッパへの紹介につとめた。1977年9月29日パリで死去。78歳。サンクト-ペテルブルグ出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

チェレプニン
ロシアに生まれた20世紀の作曲家。ピアニスト、指揮者としも活動した。リムスキー=コルサコフに師事したニコライ・チェレプニンの息子として1899年1月21日にサンクトペテルブルグに生まれ、1977年9 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

チェレプニン【Aleksandr Nikolaevich Cherepnin】
1899‐1977
ロシア・ソ連邦の作曲家。父ニコライNikolai Nikolaevich C.(1873‐1945)も国民楽派的作風で知られた作曲家で,ペテルブルグ音楽院教授を務めた。アレクサンドルはペテルブルグで音楽を学んでいたが,1921年父とともにパリに亡命し同地で勉強を続け,最初はピアニストとしてデビューした。ピアノ協奏曲やオペラ,バレエなど多くの作品があり,東洋の音階を用いた作品や実験的な作品もある。日本に1935年前後に数度訪れ,〈チェレプニン賞〉を設けて管弦楽作品を募集して(伊福部昭が受賞),日本の作曲界に刺激を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

チェレプニン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェレプニンの関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)リジェンダーイェーツチェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation