@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チェンバレン(Sir Joseph Austen Chamberlain)【ちぇんばれん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

チェンバレン(Sir Joseph Austen Chamberlain)
ちぇんばれん
Sir Joseph Austen Chamberlain
(1863―1937)

イギリスの政治家。ジョゼフ・チェンバレンの子(ネビルの異母兄)としてバーミンガムで生まれる。1892年、自由統一党下院議員となり、バルフォア内閣で郵政相(1902~1903)、蔵相(1903~1904)を務めた。第一次世界大戦中はインド相(1915~1917)に就任、1918年には少人数の戦時内閣に加わった。戦後ふたたび蔵相(1918~1921)となり、1921年保守党党首の座についたものの、保守党の大勢が自由党のロイド・ジョージとの連立に見切りをつけるなかで、1922年秋までしか党首の地位を保てなかった。その後、ボールドウィン政府の外相(1924~1929)として、ロカルノ条約の締結などに力を尽くした。1925年ノーベル平和賞受賞。

[木畑洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェンバレン(Sir Joseph Austen Chamberlain)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チェンバレン(Sir Joseph Austen Chamberlain)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation