@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チグリス川【チグリスがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チグリス川
チグリスがわ
Tigris
メソポタミアを流れる西アジアの代表的な大河全長約 1900km。トルコの南東部山岳地帯に源を発し,イラクに入ってモースル,バグダードを通り,南東流し,バスラ上流クルナ付近でユーフラテス川と合流してシャットルアラブ川となって,ペルシア湾に注ぐ。古代から洪水が多く起っているが,サーマッラーに堰と放水路が設けられ,特に雪どけ期に増量した水をサルサール湖へ誘導する。流れはゆるやかで,アマーラ-クルナ間では無数の農業用灌漑水路に水を供給している。流域が古代オリエント文化発祥の地であるため,遺跡が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チグリス‐がわ〔‐がは〕【チグリス川】
Tigris》西アジアのメソポタミア地方を流れる大河。アルメニア高原に源を発し、イラクを貫流下流ユーフラテス川と合流してペルシア湾に注ぐ。流域は古代文明発祥の地。全長約1900キロ。ティグリス川

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チグリス‐がわ ‥がは【チグリス川】
(チグリスはTigris) 西アジアメソポタミア地方を流れる大河。アルメニア高原に源を発し、トルコを経てイラクにはいり、バスラ北方でユーフラテス川と合流してシャッテルアラブ川となり、ペルシア湾に注ぐ。流域のメソポタミア地方は、古代文明発祥の地。現在はナツメヤシ、米、小麦、大麦などの灌漑農業が行なわれる。全長一九〇〇キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チグリス川
ちぐりすがわ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

チグリス川
チグリスがわ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チグリス川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チグリス川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation