@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チタンホワイト【ちたんほわいと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

チタンホワイト
ちたんほわいと
titanium white
酸化チタン(二酸化チタンともいう)TiO2の白色顔料で、着色力、隠蔽(いんぺい)力が白色顔料中もっとも大きく、その代表的存在で、生産額も無機顔料中カーボンブラックに次いで二位となっている。チタン白(しろ)ともいう。製法は硫酸法と、新しく開発された塩素法とがあり、逐次後者による比率が増している。塩素法による製法は、精製した塩化チタン()TiCl4を気化させ、酸素とともに炉内で燃焼させTiO2(ルチル型)を得る方法で、塩化チタン()は高チタンスラグに還元剤を加え、高温で塩素ガスを通じてつくる。廃酸処理の必要はなく注目されている。
 屈折率はルチル型が約2.71で、顔料中もっとも大。無毒で、塗料、化粧品、ゴム、プラスチック、絵の具など広く使用されている。白さの点でルチル型はアナターゼ(鋭錘石(えいすいせき))型のものに劣るが、これは前者が350~400ミリミクロンに吸収を示すためである。セラミック顔料の分野ではTiO2が釉(ゆう)と反応しやすいため、釉の着色に使用できるTiO2系顔料はない。ただTiO2を母格子とするクロムチタン黄が、タイルなどの素地用顔料として使用されている。[大塚 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタンホワイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チタンホワイトの関連情報

関連キーワード

二酸化炭素吸収材料酸化チタン非化学量論的化合物真空蒸着炭素星酸化チタン赤色巨星チタン酸バリウムくる病・骨軟化症酸化チタン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation