@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チタン白【チタンしろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チタン白
チタンしろ
titanium white
酸化チタン粉末を主成分とする白色顔料組成は TiO2チタン鉄鉱砂鉄,高チタンサイトなどを硫酸分解後,加水分解して製造する。アナタース型とルチル型の結晶型がある。白色顔料中,着色力,被覆力が最も大きく,特にルチル型はすぐれている。また無害で安定なため塗料,人絹やスフのつや消し,印刷インキ,絵具,クレヨン,ゴム製品,プラスチック,ほうろう,製紙,化粧品,陶磁器コンデンサ,皮革など多方面にわたって用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チタンしろ【チタン白 titanium white】
酸化チタン(IV) TiO2を成分とする白色顔料。チタン鉄鉱FeTiO3を硫酸で処理して水酸化チタンを得,900℃に焙焼し酸化チタンとする。あるいは塩化チタンを気相酸化して製造する。結晶型によりアナタース(鋭錐石)型とルチル型の2種類があり,ともに正方晶系に属するが,アナタース型は比重3.90,屈折率2.55,ルチル型は比重4.20,屈折率2.70と相違する。白色顔料としての特色は着色力の大なことで,亜鉛華の8倍,鉛白の10倍もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

チタン‐しろ【チタン白】
〘名〙 二酸化チタン(TiO2)を用いた白色顔料。着色力・隠蔽力がきわめて高く、塗料、印刷インキ、ゴム、プラスチックなどにひろく用いられている。合成繊維のつや消し剤としても重要。チタニウムホワイト。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

チタン白
チタンハク
titanium white

[別用語参照]二酸化チタン

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタン白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チタン白の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation