@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チタン磁器【チタンじき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チタン磁器
チタンじき
titania ceramics
酸化チタンあるいはチタン酸塩主成分とする特殊磁器。酸化チタン磁器は誘導率 30~90で,誘電材料 (コンデンサなど) として使用される。チタン酸塩磁器は BaO・TiO2 ,SrO・TiO2 その他の固溶体で,誘電率数千に達するものもあり,強誘電材料 (超音波発生用など) として重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チタンじき【チタン磁器 titania porcelain】
酸化チタン(IV) TiO2を主成分とする磁器で,コンデンサー材料として用いられる。酸化チタンにはルチル(金紅石),アナタース(鋭錐石)およびブルッカイト(板チタン石)の三つの結晶形があるが,コンデンサー材料としては誘電率の最も大きなルチル型結晶が用いられる。ルチルは強誘電体ではないが,他の金属酸化物に比べ著しく大きな誘電率をもち,磁器とした場合ほぼ90程度の誘電率を示す。この磁器の特徴はその誘電率が温度係数を示し,その誘電損(tanδ)が小さいことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

チタン磁器
チタンジキ
titanium porcelain

酸化チタンが主結晶相の溶化磁器.高誘電体材料であるチタン酸バリウム主体にした素地をチタン酸塩セラミックス(titanate ceramics)とよぶ.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタン磁器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チタン磁器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation