@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チタン酸バリウム【チタンさんバリウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チタン酸バリウム
チタンさんバリウム
barium titanate
酸化チタンと酸化バリウムから成る化合物で数種類ある。普通は1:1の化合物,酸化チタン (IV) バリウム BaTiO3 をさす。高純度物質はチタニルシュウ酸バリウムを灼熱して製造する。温度により5つの晶系を転移する。キュリー温度は 120℃で,これ以下では強誘電体となる。化学的に安定で,誘電率が大きいので磁器コンデンサとして用いられる。また磁器としても外部電場で分極させると圧電性を示すので,音響機器などの圧電素子としても用いられる。また白色顔料としての用途もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チタンさん‐バリウム【チタン酸バリウム】
二酸化チタンを炭酸バリウムとともに融解すると得られる白色結晶強誘電体の一。圧電効果を示し、音響機器のピックアップ磁器コンデンサーなどに使用。化学式BaTiO3 メタチタン酸バリウム。略して「チタバリ」ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チタンさんバリウム【チタン酸バリウム barium titanate】
酸化チタン(IV)バリウムともいう。化学式はBa2TiO4またはBaTiO3。前者の式のものをオルトチタン酸バリウム,後者をメタチタン酸バリウムと呼ぶが,実際はBa2+,Ti4+およびO2-から成るイオン結晶(複酸化物)で,TiO44-,TiO32-のような独立の陰イオンは存在しない。後者のほうがよく知られているので,以下これについて述べる。炭酸バリウムと二酸化チタンの固相反応,またはオキサラトチタン酸バリウムBaTiO(C2O4)2・4H2Oのような錯体の熱分解によって無色微結晶として得られ,単結晶として成長させることもできる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チタンさんバリウム【チタン酸バリウム】
二酸化チタンを炭酸バリウムとともに融解して得られる白色結晶。化学式 BaTiO3 誘電率が大きく、圧電効果を示すので、磁器コンデンサーやマイクロホン・ピックアップなどの音響機器に用いられる。メタチタン酸バリウム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チタン酸バリウム
ちたんさんばりうむ
barium titanate
チタン酸(酸化チタン()水和物TiO2nH2Oを一般にこのようによぶ)のバリウム塩。チタン()酸バリウムともいう。二つの異性体が知られている。
(1)オルトチタン酸バリウム 化学式Ba2TiO4、式量386.62。炭酸バリウムと酸化チタン()をモル比2対1で混ぜ、約1270℃に加熱して得られる暗赤色粉末。正四面体形のチタン酸イオンとバリウムイオンからなるイオン結晶である。
(2)メタチタン酸バリウム 化学式BaTiO3、式量233.26。正式名称は三酸化バリウムチタン。混合比を変えた高温固相反応あるいはシュウ酸バリウムチタニル四水和物(シュウ酸バリウムオキシドチタン()四水和物)Ba(TiO)(C2O4)24H2Oの熱分解で得られる無色結晶で、普通、チタン酸バリウムといえばこれをさす。低温から高温にかけて下記のように相転移する。

 室温付近では正方晶系、120℃で立方晶系となり、それらは灰チタン石(ペロブスカイト)型構造をとるが、正方晶系相が強誘電体となる。各晶系ともTiO6正八面体の面共有構造をとり、チタン酸イオンは存在せず、複酸化物となる。誘電率が大きく圧電性があり、磁器コンデンサー、圧電素子などに用いられる。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チタンさん‐バリウム【チタン酸バリウム】
〘名〙 (バリウムはBarium) チタン酸のバリウム塩。化学式 BaTiO3 無色の微結晶。等軸晶系の灰チタン石型構造のものは誘電率がきわめて高く、また常温で著しい圧電現象を示す。磁器コンデンサー、音響機器のピックアップなど電気材料として用いられるほか、白色顔料にも用いる。メタチタン酸バリウム。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

チタン酸バリウム
チタンサンバリウム
barium titanate

BaTiO3,Ba2TiO4,Ba3Ti2O7などがあるが,普通は,もっともよく知られている三酸化チタン(Ⅳ)バリウムBaTiO3をさす.[別用語参照]酸化チタン(Ⅳ)バリウム

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チタン酸バリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チタン酸バリウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation