@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チター

デジタル大辞泉

チター(〈ドイツ〉Zither)
《「ツィター」とも》オーストリア・南ドイツ地方に伝わる撥弦楽器。木製の平らな共鳴胴の上に5本の旋律と30本以上の伴奏弦を張り、指または指にはめた爪(つめ)で弦をはじいて音を出す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チター【zither】
ギリシア語で〈弦楽器〉を指す語キタラを語源とする。ドイツ語ではツィターZitherと呼ぶ。現在では主として二つの意味をもつ。(1)楽器分類用語 18世紀以後,棹をもたない型の弦楽器に対してこの名称が用いられはじめたが,20世紀初めにホルンボステルおよびC.ザックスによって確立された楽器分類法の中で,弦を張ることが主体となっているような構造の〈単純弦鳴楽器〉の別称となり,有棹弦楽器やハープを含む〈複合弦鳴楽器〉に対立する用語となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チター
ちたー
zither

広義には弦鳴楽器の分類上の呼称であり、狭義には南ドイツやオーストリアの民俗楽器の一種をさす。

 クルト・ザックスの楽器分類法によると、チターとは、弦を張るための張出し部をもたず、楽器胴体の両端の間に胴面とほぼ平行に弦を張るタイプの弦鳴楽器の一般的呼称である。この点で、胴面を越えたり離れたりするように弦が張られるリュート、リラ、ハープなどと区別される。また共鳴体は、胴が兼ねることも、別に取り付けられることもあるが、後者の場合、共鳴体を取り外しても発音機構が損なわれないことがチターの特徴である。形態のうえからは、棒形(楽棒や楽弓などで、普通、別に共鳴体を必要とする)、筒形(竹筒などに弦を取り付けたり、表皮から弦を切り出したりする)、筏(いかだ)形(筒形胴を結び合わせる)、平板形(そのうちの胴が共鳴箱を兼ねるタイプに、狭義のチター、ダルシマー、ピアノなどが含まれる)などに分けられる。発音法は、指やプレクトラム(義甲)による撥弦(はつげん)と桴(ばち)やハンマーによる打弦が多いが、弓による擦弦もまれではない。

 狭義のチターは、箱形共鳴胴に5本の旋律弦(金属製で、フレット付きの指板の上に張られる)と30本以上の伴奏弦(羊腸製もしくはナイロン製)を張ったもの。奏者は楽器を膝(ひざ)や台の上に水平に置き、左手指でフレットを押さえ、右手親指につけたプレクトラムで旋律を奏しつつ、残りの右手指で開放弦のなかから和音となるように数本を選んではじく。旋律弦の調弦法にはミュンヘン式(A4―A4―D4―G3―C3)やウィーン式(A4―D4―G4―G3―C3)などがあり、伴奏弦は四度もしくは五度間隔で調弦する場合が多い。

 なお、狭義のチターが用いられている芸術音楽にはヨハン・シュトラウス(ワルツ王)のワルツ『ウィーンの森の物語』(1868)があり、日本では、アントン・カラスのチター独奏による『第三の男』(1950)の映画音楽によって広く知られるようになった。

[山田陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チター
〘名〙 (Zither)⸨ツィター⸩ オーストリア、南ドイツ、スイスなどで愛用されている撥弦(はつげん)楽器。小型で扁平な共鳴胴に、五本の旋律弦と三〇~四〇本の和音弦とを張ったもの。右手の親指にはめたつめと他の指で演奏する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation