@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チチェン・イツァー【ちちぇんいつぁー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

チチェン・イツァー
ちちぇんいつぁー
Chichén Itzá

メキシコ、ユカタン州の州都メリダの東方124キロメートルにあるマヤ遺跡。「イツァー民族の井戸(または水の洞窟(どうくつ))の口」の意味で、かつては20以上のセノーテ(地下井戸)があり、マヤ古典期中期から集落が形成されていたらしい。全体の広さは6.5キロメートル×3.2キロメートル、すなわちテオティワカンの約半分であり、マヤ古典期後期(600ころ~900ころ)のプウク様式の建物よりなる南の部分と、トルテカ・マヤ様式の建物が集まった北の部分よりなる。前者には「尼僧院」「教会」「天文台」、後者には「ククルカンのピラミッド」「戦士の神殿」、大球戯場などがある。スペイン人やマヤ人の記録により、チチェン・イツァーは987年にメキシコのトルテカ系民族の侵入を受け、13世紀なかばまでその支配が続いたと従来考えられていた。しかし、最近の考古学的資料の分析によれば、チチェンにおけるメキシコ的文化要素は10世紀以前に現れており、マヤとトルテカとの関係が複雑であったことを暗示している。この遺跡は1988年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[増田義郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チチェン・イツァー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チチェン・イツァーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation