@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チチタケ

栄養・生化学辞典

チチタケ
 [Lactarius volemus].チダケともいうベニタケ目ベニタケ科チチタケ属の食用キノコの径3〜12cmになる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チチタケ【Lactarius volemus Fr.】
担子菌類ハラタケ目ベニタケ科の食用キノコ。高さ6~12cm,かさは直径5~12cmほど,はじめ中央がややくぼんだまんじゅう形,のち開いて浅い漏斗形になる。表面はほとんど滑らかで黄茶色,肉は硬いがもろく折れやすい。ひだは白~淡黄色で淡茶色のしみをおび,にやや垂生し,茎は直径1~2.5cm,かさと同じ色で,もろく折れやすく,に裂けない。キノコにをつけると白い乳を多量に分泌する。乳はやや渋みがあるが辛くはない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チチタケ
ちちたけ / 乳茸
[学] Lactarius volemus Fr.

担子菌類、マツタケ目ベニタケ科の食用キノコ。傘は径5~10センチメートル、初めは丸山形であるが、やがて開いて浅い漏斗(ろうと)状となる。表面は黄茶色で粘りはない。ひだは淡黄色を帯びた白。茎は円柱状で黄茶色。全体に硬いが、もろく折れやすい。傷つけると白い乳液を多量に分泌するが、味は辛くない。夏、広葉樹林に多く生える。日本全土をはじめ、世界各地に分布する。

[今関六也]

チチタケ属

ベニタケ科Russulaceaeは乳液を分泌するチチタケ属Lactariusと分泌しないベニタケ属Russulaに分類される。チチタケ属の代表種がチチタケで、ほかにも多くの種があるが日本での研究は遅れており、和名のないものが多い。チチタケ属は、いずれも樹木の根に菌根をつくって木と共生する。また、乳液の味と色などの特徴は、種を見分ける重要な手掛りとなる。以下にそのおもなものを示す。

 (1)乳は白、辛くない。チチタケ、ヒロハチチタケなど。(2)乳は白、しだいに辛くなる。アカチチモドキ、ヒメチチタケなど。(3)乳は白、きわめて辛い。ツチカブリ、ケシロハツ、カラハツタケなど。(4)乳は白から黄色に変わり、辛い。キカラハツ、キチチタケなど。(5)乳は白から淡紅色に変わり、辛い。ハイイロカラチチタケ。(6)乳は白から淡紅色に変わり、辛くない。クロチチタケ。(7)乳は白から紫に変わり、辛い。トビチャチチタケ、ウズハツ。(8)乳は白から灰緑色に変わり、辛くない。キハツタケ。(9)乳は橙(だいだい)色ないし紅色から青緑色に変わり、多少辛い。ハツタケ、アカハツなど。

[今関六也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チチタケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チチタケの関連情報

関連キーワード

ハツタケヤグラタケ(櫓茸)ベニタケ初茸糖茸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation