@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チベット=ビルマ語族【チベット=ビルマごぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チベット=ビルマ語族
チベット=ビルマごぞく
Tibeto-Burman languages
インドのカシミール地方から中国のチベット自治区,青海,甘四川雲南各省,およびヒマラヤからタイ,ミャンマー (旧ビルマ) の北部に分布する言語。この語族に含まれる言語の比較研究はまだ十分に成功しているとはいえず,その分類にも定説はないが,便宜上次の4つに分けられる。 (1) チベット語,ヒマラヤ諸語,ジャロン=ミシミ諸語などのチベット語群,(2) ビルマ語ロロ語モソ語 (ナシ語) ,西夏語,カチン語などのビルマ=ロロ語群,(3) インド,アッサム州のボド語やミャンマーのアンガーミ=ナーガ語などのボド=ナーガ語群,(4) ミャンマーのチン丘陵を中心とするチン諸語,それにクキ諸語,メイテイ語などのチン語群。類型的には,孤立語的であり,単音節語的で声調を有し,主語-目的語-動詞の語順をとることなどを一般的特徴とするが,これらの特徴が必ずしも全言語にみられるわけでもなく,歴史的にも古くさかのぼる特徴とはいえないところがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チベット=ビルマ語族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チベット=ビルマ語族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation