@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チマキザサ【ちまきざさ】

世界大百科事典 第2版

ちまきざさ【チマキザサ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チマキザサ
ちまきざさ / 粽笹
[学]Sasa palmata (Lat.-Marl. ex Burb.) E.G.Camus
イネ科(APG分類:イネ科)のタケササ類。稈(かん)は高さ1~2メートル、稈の中部以下で一節から1本ずつ枝が出る。稈の各部に毛はない。葉は長楕円(ちょうだえん)形または長楕円状披針(ひしん)形、表面は光沢があり、両面ともに毛はない。花茎は稈の基部から出、葉よりも高く突き出る。北海道と本州のおもに日本海側の山野に多く生えるほか、九州の高山、および韓国の済州島、樺太(からふと)(サハリン)、千島列島に分布する。葉は、ちまきをはじめ菓子などを包むのに利用し、チマキザサの名がある。本種によく似て、葉裏に毛があるものをクマイザサ(九枚笹)S. senanensis (Fr. et Sav.) Rehd.として区別する。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チマキザサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チマキザサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation