@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チマーゼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チマーゼ
zymase
アルコール発酵に関連した 10種余に及ぶ一群酵素総称。 1897年 E.ブフナーが酵母細胞をすりつぶし,圧搾して得た無細胞液汁に,アルコール発酵力のあることを発見し,この成分をチマーゼと名づけた。のちに発酵の詳細な機構がわかり,この成分が多数の酵素から成ることが判明した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チマーゼ(〈ドイツ〉Zymase)
糖類発酵させ、エチルアルコール二酸化炭素とに分解する一群の酵素

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

チマーゼ
 ビール酵母を破砕して調製した無細胞液はグルコースエタノールに変換することができる.すなわち,解糖系の酵素をすべて備えている.この抽出液の機能が解糖の複数の酵素によって担われていることが不明であった時代にこの酵素系をチマーゼと命名した.現在の補酵素の部分は熱に安定なコチマーゼ(cozymase)とされた.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チマーゼ
ちまーぜ
Zymase ドイツ語

糖類を発酵してアルコールと炭酸ガスにすることのできる酵母抽出液にある酵素系の呼び名。かつては発酵は生体(細胞)なしにはおこらないと考えられていたが、1897年ドイツの生化学者ブフナーが、ビール酵母の細胞を壊した抽出液でアルコール発酵を行わせることに成功し、この酵母抽出液をチマーゼと名づけた。実際にはこの抽出液中にフォスフォリラーゼなど十数種の酵素が含まれている。この発見によって発酵化学、酵素化学は画期的な進歩を遂げ、現在では関係するすべての酵素とその反応が明らかにされている。

[伊藤菁莪]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チマーゼ
〘名〙 (Zymase) 糖類を発酵させ、エチルアルコールと二酸化炭素にする酵素系。はじめはこの現象を一つの酵素によると考えて命名されたが、やがて単一の酵素ではなく、一〇数種の酵素群であることがわかり、それぞれの酵素に名が与えられている。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チマーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チマーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation