@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チムール(帖木児)【チムール】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チムール(帖木児)
チムール
Tīmūr
[生]1336.4.8. ケシュ
[没]1405.2.18. オトラル
中央アジアの征服者で,チムール朝の創建者。ケシュ (現在のシャフリサブズ) の小貴族の出身で,その家系チンギス・ハンに連なるといわれる。チャガタイ・ハン国に仕えていたが,1370年にサマルカンドで王となり,征服戦争を開始し,20回以上の大遠征を行い,ついに地中海からガンジス川に及ぶ大国を建設した。彼は首都サマルカンドに壮大な建築物を築き,また経済,文化の発展をはかったため,サマルカンドは非常な繁栄をみた。 1405年中国遠征のについたが,オトラル病没。ヨーロッパではタメルラン Tamerlanと呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チムール(帖木児)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チムール(帖木児)の関連情報

関連キーワード

高血圧延元日本におけるおもな時代区分仮面高血圧高血圧患者のみかた南北朝時代宇佐輔景楠木正成楠木正季後伏見天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation