@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャイティヤ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャイティヤ
caitya
漢訳経典では制底,支提,招,制多などと記す。インドにおいて仏教の祠堂,すなわち内部にストゥーパ (仏塔) または仏像が安置された建物または石窟をいう。古くは尊崇対象そのもの,たとえば聖樹,聖殿,聖塔,聖像などをさしたが,次第にそれらが存在する場所,安置された施設をいうようになった。大規模なチャイティヤは一般に縦長馬蹄形の平面で,直線状短辺に入口を設け,列柱によって内部を身廊と側廊とに分け,筒形の天井を架し,身廊最奥部にストゥーパまたは仏像を安置する。インドには前2世紀頃から後8世紀頃に造られた多数の仏教石窟寺院遺存しており,チャイティヤ窟も多い。アジャンタエローラカールリー石窟などが代表的である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チャイティヤ【caitya】
古代インドで礼拝対象一般を指すサンスクリットパーリ語ではcetiya,漢訳は制多,制底,支提など。〈火葬のための積み上げられた〉を意味するという説もあるが,その原義は明らかでなく,礼拝対象,ことに精霊が宿る聖樹を意味することが多い。さらに礼拝対象をまつる場所(霊廟)もチャイティヤと呼んだ。また初期の仏教徒の主たる礼拝対象であるストゥーパを指すこともある。チャイティヤ堂caitya‐gṛhaとはストゥーパを本尊とする祠堂であり,西部インドの仏教石窟寺院は祠堂と比丘の止住するいくつかの僧院とで構成された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

チャイティヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャイティヤの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation