@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャイブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャイブ
Allium schoenoprasum; chive
ユリ科アリウム (ネギ) 属の多年草北半球温帯に広く分布する。小さな鱗茎をもち,円筒形の細い葉を根出させる。葉の長さは 20~30cm,淡紅紫色小花が茎頂に散形花序を成す。ほかのネギ類よりネギ独特の香りが少く,香味植物として古くから利用された。葉がサラダやスープに利用されるほか,ネギと同様に和食の薬味としても使える。花も食用になり,ほぐしてサラダなどに散らすと香りと色を楽しめる。花壇に栽培して観賞用としても美しい。アサツキは本種の1変種にあたる。春または秋に種子をまく。冬に地上部は枯れるが,翌春再び芽を出す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チャイブ(chive)
ユリ科ネギ属の球根植物。葉を料理の調味に使い、球根も賞味される。シブレット。西洋あさつき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

チャイブ
 [Allium schoenoprasum].シブレットともいう.ユリ目ユリ科ネギ属の植物で,アサツキと同様の変種.薬味や,スープ,シチューなどにも用いる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

チャイブ【chive】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャイブ
ちゃいぶ
chive
日本ではエゾネギ、セイヨウアサツキとよばれる野菜で、タマネギよりずっと小形で香りも弱い。なまのまま細かく刻んで各種スープやシチュー、マッシュポテトやグレービーソースのガーニッシュとして用いられる。ドイツ、デンマーク、イギリスが主産地で、細かく刻んで凍結乾燥したものも最近では市販されている。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャイブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャイブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation