@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャイルド・ハロルドの遍歴【ちゃいるどはろるどのへんれき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャイルド・ハロルドの遍歴
ちゃいるどはろるどのへんれき
Childe Harold's Pilgrimage
イギリスの詩人バイロンの長編物語詩。「遍歴」は「巡礼」または「世界歴程」とも訳されている。第1、2編は1812年、第3編は16年、第4編は18年刊。1809~11年の地中海旅行を背景に、いわゆるスペンサー詩型で書かれた初期の代表作。「かつてアルビオンの島に住んだ」貴公子ハロルドは、歓楽の生活に倦怠(けんたい)を覚え、異国の地を次々と巡礼する。セビーリャの古い街に、地中海の船旅に、またアルバニアの奥地民族との交歓や、ベルギー、アルプスの遍歴などを通して、青春の情熱に胸をうずかせ、生の倦怠に悩みつつ、自由にあこがれる青年ハロルドの姿は、その異国情調と相まって、詩人を一躍時代の寵児(ちょうじ)たらしめた。[上田和夫]
『田吹長彦編『チャイルド・ハロルドの巡礼 注解』第1~3編(1993~98・九州大学出版会) ▽東中稜代訳『チャイルド・ハロルドの巡礼 物語詩』(1994・修学社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャイルド・ハロルドの遍歴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャイルド・ハロルドの遍歴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation