@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャンドラX線望遠鏡【ちゃんどらえっくすせんぼうえんきょう/ちゃんどらXせんぼうえんきょう】

知恵蔵

チャンドラX線望遠鏡
米航空宇宙局(NASA)が1999年7月23日に打ち上げたX線天文衛星インドの天文学者S.チャンドラセカールにちなむ。4対のX線反射鏡を持ち、角度分解能は0.5秒角。かに星雲(超新星残骸)中心のパルサーが噴き出すジェットや、遠方銀河活動銀河核のX線放射を検出、画期的研究成果を得ている。
(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

チャンドラX線望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャンドラX線望遠鏡の関連情報

関連キーワード

太陽観測衛星スペースシャトルNASA若田光一木星探査機アームストロング(Neil Alden Armstrong)宇宙政策(米国の)アポロ計画土井隆雄星出彰彦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation