@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャート【ちゃーと】

デジタル大辞泉

チャート(chart)
海図。また、航空用の地図。
図表。グラフ。「フローチャート」「ヒットチャート
カルテのこと。また、病歴。
株式などの相場の動向をグラフに表したもの。テクニカル分析に使う。罫線表。足取り表。罫線(けいせん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャート(chert)
珪質(けいしつ)堆積(たいせき)岩の一。緻密(ちみつ)で細かい石英からなる硬い岩石。ふつう乳白色で、含まれる不純物により赤・緑・灰色などのものがある。放散虫珪質海綿珪藻などが深海底に集積してできたものと考えられ、古くは石器の材料としても用いられ、現在は耐火れんがの原料として利用。角岩

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

チャート
緻密な岩石で,繊維状カルセドニイ,微結晶質または潜晶質の石英,オパールなどの一種類または数種類の形態のシリカで構成されている.不純物としては炭酸カルシウム,酸化鉄,炭素などがあり,またラジオラリアなど珪質の生物体の残りがしばしば存在する.チャートは層状に堆積するだけでなく,団塊または球状の固結物として産出する.普通のチャートは貝殻状あるいはぎざぎざの断口を示し,白色または灰色で,赤色,緑色,黄色,褐色などのものもある[Woodward : 1728, Arkell & Tomkeieff : 1953, Pettijohn : 1975].チャートには, hornstone, jasper, novaculite phthanite, silexite, white chertなど様々な名称がある.試金石(lydite)[Reuss : 1801, Cayeux : 1929].⇒試金石(2.12.6)

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集

チャート
価格の動きグラフ化したものを言います。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

世界大百科事典 第2版

チャート【chert】
非常に硬く,緻密な岩石で,もっとも代表的なケイ質の生物化学岩である。不純物の量により赤,灰色などさまざまの色を呈する。微晶質ないし隠微晶質の石英やオパール,玉髄などの非晶質無水ケイ酸,あるいはそれらの混合物よりなり,SiO2が95%以上を占める。チャートにはフリント角岩など種々の同義語があり,また特定の国や地質時代のチャートだけに用いる特殊な名称も多い。日本ではかつてチャートをケイ(珪)岩と呼んだことがあったが,ケイ岩とは石英砂岩(オーソコーツァイト)をさすので,現在では使用しない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チャート【chart】
海図。
図表。グラフ。
株価や出来高を図示したもの。
ヒットチャートのこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャート【chert】
石英の微粒から成る緻密で硬い堆積岩。乳白色で、不純物によって灰・黒・緑・茶・赤など色調に変化がある。放散虫やケイ質海綿などの遺骸が深海底に沈積してできたものも含まれる。日本では古生代後半、中生代の地層に多い。古くから火打石として用いられ、また現在では耐火材原料として用いる。角岩。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャート
chert
堆積岩の一種。緻密な潜晶質の岩石で主成分は二酸化ケイ素から成り,少量の三酸化二鉄,酸化アルミニウム酸化マンガンなどを含む。色は変化に富み,赤,緑,黒,白色などを呈する。薄く成層した板状チャート,色が少しずつ変化した縞状チャート,無層理の塊状チャートなどや,石灰岩などの中に団塊状に含まれるものなどがある。成層したものには激しく層内褶曲を示すことがある。放散虫,海綿の骨片コノドントなどの化石を含むことが多い。チャートには火打石,角岩など種々の同義語があり,特定の国や時代のチャートだけに適用される固有名称も多い。チャートは石器時代の人類の主要な工具であったし,17~18世紀には火打銃として軍用に使われた。成因は完全には解明されていない。海底火山活動や陸水によってもたらされたケイ酸分が,遠洋で化学的に沈積したとみられるものが多い。日本の古生界や中生界に多いが,硬く,浸食に強いので急峻な山や峡谷を形成する。各地でマンガン鉱床を伴うことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャート
ちゃーと
chert
(けい)質の堆積(たいせき)岩の一種で、ほとんど生物源のシリカSiO2(二酸化ケイ素)からなる細粒・緻密(ちみつ)な硬い岩石。普通乳白色で、含まれる不純物により、灰、黒、青、緑、茶、赤などいろいろな色調のものがあるが、一般に透明感がある。硬くて割ると貝殻状断口を示すことが多い。玉髄(ぎょくずい)(カルセドニー)質あるいは細粒で等粒状の石英の集合からなり、微粒の絹雲母(きぬうんも)、緑泥石、赤鉄鉱などをわずかに含んでいる。産状から層状チャートと団塊状チャートに分けられるが、層状チャートが大規模な地層として広く分布するのに対し、団塊状チャートは石灰岩などの中に小塊として産出するのみで、地質学的には層状チャートが重要である。層状チャートは、厚さ数センチメートルの珪質の単層が数ミリメートルの泥質の薄層を挟んで規則的に繰り返して積み重なった地層で、露頭では縞(しま)状にみえる。層状チャートは、かつては海水から無機化学的に沈殿して形成されたと考えられていたが、ほとんどすべてのものが珪質の骨格や殻をもつ放散虫や珪質海綿あるいは珪藻の遺骸(いがい)が集積してできたもので、一種の生物岩ということができる。礫(れき)や砂のような粗粒砕屑(さいせつ)物をまったく含まないことから、陸域から遠く離れた海洋底で形成されたと考えられている。日本では、北海道から沖縄まで、古生代後期や中生代の付加体とよばれる地質体の中によくみられ、ほとんどが砕屑岩に取り囲まれた異地性の地塊をなしていることから、海洋プレートの沈み込みに伴って海側から付け加えられたものと解釈されている。代表的に発達している地域として、北部北上山地、足尾山地、関東山地、美濃(みの)、丹波(たんば)地方があげられる。チャートが再結晶してかなり純粋な石英の集合体になったものは、珪石として耐火れんがの原料として利用される。[斎藤靖二]
『水谷伸治郎・斎藤靖二・勘米良亀齢著『日本の堆積岩』(1987・岩波書店) ▽勘米良亀齢・水谷伸治郎・鎮西清高編『岩波講座地球科学5 地球表層の物質と環境』(1987・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チャート
〘名〙 (chart)
海図
或る女(1919)〈有島武郎〉前「葉子はチャート・ルームの壁に凭れかかって」
② 各種の情報を見やすく整理した表。図表。「フローチャート
③ 特に、過去の相場の動きを点や線でつづったグラフ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャート
〘名〙 (chert) 珪質の堆積岩の一つ。緻密で細かい石英からなる硬い岩石。ふつう乳白色で、含まれる不純物により赤・緑・灰色などのものもある。放散虫や珪質海綿・珪藻などが深海底に集積してできたものと考えられ、古くは石器の材料としても用いられた。現在は耐火れんがの原料とされる。角岩。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation