@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャーハマーナ朝【チャーハマーナちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャーハマーナ朝
チャーハマーナちょう
Chāhamāna
チャウハーン朝ともいう。7世紀頃から 13世紀までインド北西部に存在したラージプート族の王朝。ラージプート系王朝として有名なプラティーハーラ朝から独立して,アジメールを都として創始された。 12世紀になって,アフガニスタン地方のムスリム王朝がインドへの圧力を強めてきたが,特にゴール朝ムハンマドの指揮下にインド侵略を繰返した。ラージプート系王朝はこれに対抗して,チャーハマーナ朝のプリトビーラージを中心に連合軍を結成して戦ったが敗れ,プリトビーラージは殺された (1192) 。のち北インドはムスリム諸王朝に支配され,チャーハマーナ朝も 13世紀頃滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃーはまーなちょう【チャーハマーナ朝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

チャーハマーナ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャーハマーナ朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation