@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チャールキヤ朝【チャールキヤちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チャールキヤ朝
チャールキヤちょう
Chāḷukya
6世紀からインド,デカン地方および南インド地方に勢力を及ぼした王朝バーターピ (バーダーミ) に都した前期 (あるいは西) チャールキヤ朝 (543~757) ,ベーンギーに都した東チャールキヤ朝 (7~11世紀) ,カルヤーニに都した後期チャールキヤ朝 (975~1189頃) の3つの王統が数えられる。西チャールキヤ朝は6世紀にデカン南部のカルナータカ地方に興り,7世紀前半プラケーシン2世 (在位 608~642) の時代には北はナルバダー川,南はカーベリ川にいたるデカン全土と南インドを支配する大勢力となった。彼は有名なハルシャバルダナとナルバダー川をはさんで対峙し,その侵入を許さなかった。しかし,その後南インドの強国パッラバ朝との長期にわたる抗争に疲弊し,西チャールキヤ朝は滅亡した。他方,プラケーシン2世の弟ビシュヌバルダナはデカン東部,アーンドラ地方を支配していたが,独立してゴーダーバリ川下流のベーンギーに都した。この王朝は東チャールキヤ朝と呼ばれるが,西チャールキヤ朝の滅亡後も存続し,11世紀には南インドの強国チョーラ朝と合体した。また 975年には,西チャールキヤ朝の系統をひく勢力が,西チャールキヤ朝の跡を継いだラーシュトラクータ朝を滅ぼして,新しい王朝を始めた。これが後期チャールキヤ朝で,デカン西部のカルヤーニに都したが,南インドの強国チョーラ朝と争いを繰返し,12世紀末には弱体化し,ヤーダバ朝 (1187~1312) ,カーカティーヤ王国 (1000~1326頃) ,ホイサラ朝などに分裂,1189年頃滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チャールキヤちょう【チャールキヤ朝 Chālukya】
インドのデカン地方にをとなえた王朝で,いくつかの系統に分かれる。主要な系統はバーダーミBādāmi,カルヤーニKalyāṇi,東チャールキヤの三つで,前2者を併せて西チャールキヤ朝と呼ぶ場合もある。 バーダーミのチャールキヤ朝(前期西チャールキヤ朝)は,プラケーシン1世Pulakeśin Iによって6世紀半ばにバーダーミを都として始められ,8世紀中葉まで存続した。2代,3代の王キールティバルマン1世Kīrtivarman I,マンガレーシャMangaleśaは初代の子で,王朝の版図を拡大したが,王位継承をめぐって内乱が生じると2代王の子プラケーシン2世が610年ころ叔父マンガレーシャを殺して内乱を鎮定し王位に就いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チャールキヤ朝
ちゃーるきやちょう
Chalukya

南インドの王朝。都と時代を異にする三つの王統に分かれる。まず、前期西チャールキヤ朝は、6世紀中葉、プラケーシン1世の活躍によって台頭し、カルナータカ州北部のバーダーミを都としてデカン地方を支配した。7世紀前半のプラケーシン2世は、北方ではカナウジのハルシャ王の侵入を打ち破り、南方ではカダンバ朝を屈服させ、南東方はパッラバ朝の地にも侵入した。しかし晩年はパッラバ朝軍に、逆に都を落とされた。続くビクラマーディティヤ1世は王国を再建し、パッラバ朝の地深く侵入した。その後は概して平和が続いたが、8世紀中葉、封臣ラーシュトラクータ家が王位を簒奪(さんだつ)し、王朝の支配はとだえた。それを復活したのは10世紀後半のタイラ2世で、その王統は後期西チャールキヤ朝とよばれる。都は北西方のカリヤーニに移された。一方、南東方タミル地方では、パッラバ朝にかわってチョーラ朝が台頭しており、後期西チャールキヤ朝は南インドの覇権を求めてチョーラ朝と争った。11世紀末から12世紀初頭のビクラマーディティヤ6世の治世には平和が続き、宮廷詩人ビルハナが活躍したが、その後文弱な王が相次ぐ間に封臣が勢力を伸ばし、1190年ごろヤーダバ家とホイサラ家の挟撃を受けて滅亡した。前期西チャールキヤ朝のプラケーシン2世は、東部アーンドラの地を征したのち、その支配を弟ビシュヌバルダナにゆだね、そこにベーンギーを都とする東チャールキヤ朝の支配が開始された。この王統は、長い間続いた婚姻政策の結果、1070年にチョーラ朝と合体するまで継続した。

 バーダーミおよびその付近に残る6~7世紀のヒンドゥー教諸寺院は、ドラビダ様式の最初期の発展を示すものとして美術史上に名高く、後期西チャールキヤ朝期に建立された諸寺院は、ドラビダ様式中、とくにデカン様式として発達した形をよく示している。

[辛島 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

チャールキヤ朝
チャールキヤちょう
Chāḷukya
古代南インドの王朝
6〜13世紀にかけて,この名の王朝が4つあるが,630〜970年アーンドラ地方を支配した第2王朝と,973〜1189年マイソールとアーンドラの大部分を支配した第3王朝は,インド史に大きな役割を果たした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャールキヤ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チャールキヤ朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation