@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チュニック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チュニック
tunic(tunique)
古代ギリシアローマ時代に着用した衣服呼称由来はラテン語 tunicaで,おおうものののついた前合せの上衣で,膝下までのあるのが普通。まっすぐな円筒形で,ウエストを締めるか締めないまま下着または上として着用され,今日の多くの上衣の原型とされる。現代では特に女性用の,スカートズボンの外に出して着用する臀部までの上衣をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チュニック(tunic)
細身に仕立てた七分丈の女性用上着。
古代ローマで着用したゆるやかなシャツ風の衣服。また、それに似た衣服。服の基本型の一つで、最も単純なドレス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チュニック【tunic】
古代ギリシア,ローマから中世を通して着用された下着,表着,外衣などのさまざまな種類の衣服をいう。ラテン語のトゥニカに由来し,元来は一枚の布の真ん中に穴をあけてからかぶり,前後に垂れた布を腰でひも結びして着たいわゆる貫頭衣で,人類の衣服の原初的な形態の一種であった。その後,ギリシアのキトンのように布を体に巻きつけた上に肩をブローチで留めたり,ローマのトゥニカのように布に穴をあけてかぶり,腋下を縫いふさいだような形に発展した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チュニック
ちゅにっく
tunic 英語
tunique フランス語

時代や国により多様な概念で広義に用いられる。(1)一般にほっそりした筒形のシルエットで、腰から膝(ひざ)あたりまでの丈、つまり3/4丈の衣服のこと。袖(そで)なしの場合も、袖のある場合もあるが、全体に単純な形で装飾的傾向の少ないことが多い。(2)歴史的には、古代ギリシアのキトン、古代ローマのトゥニカ、中世ヨーロッパのブリオーやコットなど、表着一般のこと。(3)軍服として略式の丈の長い上着の意。(4)宗教服に残るダルマティカの類をいう。

 語源はラテン語のトゥニカで、本来、下着、皮(膜)、殻などの意であった。今日の婦人服では、チュニック・ドレスtunic dress、チュニック・コートtunic coat、チュニック・スーツtunic suitなどの名でよばれることが多い。

[菅生ふさ代]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チュニック
〘名〙 (tunic)
① 古代ギリシア・ローマ人が日常着として用いたシャツのような服。
② ①に似た衣服。服の基本型の一つで、最も単純な形のドレス。
※第3ブラリひょうたん(1951)〈高田保〉バレー「ギリシャ風のチュニックをつけ素足で出て来た」
※西哲夢物語(1887)一八「仏人は『チュヌック』(校者曰、〈略〉婦人の服装の一種なり)を為(みせ)るとて」
④ 軍服や僧服で外袍(がいほう)の下に着る短い上着。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チュニック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チュニックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation