@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チューインガム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チューインガム
chewing gum
単にガムともいう。ガムベース,糖類,香料などを原材料としてつくる噛み菓子。ガムベースにはメキシコ産のチクル (サポジラ樹液の凝固物) と,ジャワスマトラ,ボルネオ産のジェルトンとがある。これらの天然樹脂に,酢酸ビニルポリイソブチレンなどの合成樹脂,可塑剤としてマイクロクリスタンワックスやジブチルフタレートなどが混和される。 15~16世紀頃,ヨーロッパからの移民が,サポジラからとれる乳状樹脂を噛んでいるマヤ族の習慣を受継いだのが最初といわれ,19世紀にはアメリカで企業化され,日本では第2次世界大戦後急速に普及した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チューイン‐ガム(chewing gum)
口中でかんでわう菓子。チクル、または酢酸ビニルなどの合成樹脂に、糖分・香料などで風味をつけたもの。1860年ごろ米国で製品化。ガム。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

チューインガム
 基礎剤といわれるゴムのような材料に甘味料,香料その他を加えたもの.噛んでその食感と味,香りなどを楽しむ菓子.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チューインガム【chewing gum】
口中にゴム状の物質を残すという特徴をもつ菓子。アジア・アフリカ原住民の間には木の葉や種子をかむ習性が古くからあった。メキシコのマヤ族においても3世紀ごろすでにサポジラ樹のゴム状の樹液を固めたもの(チクル)をかむ習慣があったといわれ,これがチューインガムの起源と考えられている。この風習インディアンやヨーロッパの開拓者たちに受け継がれていった。19世紀末アメリカ人トマス・アダムズやジョン・コールガンがチクルに甘味や香料を加え商品化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チューインガム
ちゅーいんがむ
chewing gum

噛(か)むことで風味、食感を楽しむ嗜好(しこう)品。チューインガムは噛むchewとゴムgumの合成語である。日本には「噛む」という風俗が存在しなかったが、古代ギリシアでは乳香(にゅうこう)ガム(乳香という木の樹皮からとった樹脂)が利用された記録がある。また、東南アジア、インドなどの地域では、ビンロウの実の加工品が噛む嗜好品として利用されてきた。

[河野友美]

歴史

現在のチューインガムの起源は中央アメリカ(メキシコ南部、グアテマラ、ホンジュラスなど)の先住民マヤにさかのぼる。彼らは高さ15~20メートルのサポジラの樹皮からとった樹液(チクル)を固め、これを噛む習慣があった。その後、先住民に伝わるこの習慣は、15世紀末に始まるアメリカ大陸の植民地開拓以降スペイン系移民に広がった。チューインガムとして製品化したのはアメリカ人のトーマス・アダムズThomas Adams(1818―1905)で、1860年ごろサポジラの樹液を固めたものをチクルと称して発売した。一説によればアダムズにチクルの商品化を勧めたのはスペインの将軍サンタ・アナだともいわれている。その後チクルに甘味や香料を加えたものがアダムズ、コールガンJohn Colgan(1840―1916)、リグレーWilliam Wrigley, Jr. (1861―1932)、フリーアFrank Henry Fleerなどによって開発され、アメリカをはじめ世界に広がった。日本では大正時代にリグレー社から輸入され、昭和に入って国産品も現れた。第二次世界大戦後、駐留アメリカ兵によってチューインガムは急速に広まり、1960年の日本の生産量は1万4000トン、71年は5万3000トンとなった。しかし、75年以降は横ばい状態となり、85年の生産量は3万3500トンであった。90年代~2000年代は4万トン台を維持している。

[河野友美]

種類

アメリカのFDA(食品医薬局)の分類によって大別すると、嗜好ガム(板ガム、風船ガム、糖衣ガム、キャンディーガム)、特殊栄養ガム(無糖ガム、栄養強化ガム)、薬用ガム(むし歯予防ガム、口臭除去ガムその他)がある。いちばん消費量の多いのは板ガムで、フレーバーで分けるとペパーミント系、スペアミント系、ファンシーミント系、フルーツ系、ナッツ系、洋酒系などがあり、ミント系が主流である。チューインガムのガムベース(基材)の主成分は樹脂で、チクル、ジェルトン、ソルバなどの天然樹脂と、酢酸ビニル樹脂、エステルガムなどの合成樹脂がある。

[河野友美]

製造

数種の樹脂やゴム質、無機質などを配合して適度な噛み心地を調節し、調味料、香料、色素を加えて練り上げ、成形する。ガムベースの配合と均一に混合することが重要なポイントである。

[河野友美]

効用

噛むことは人間の本能的な欲求である。精神的にいらいらしているときに物を噛むと気分が治まる。第二次世界大戦でアメリカ兵の携帯食糧にチューインガムが配給されたのも戦場での緊張を和らげるためであった。噛むことはあごや歯ぐきを鍛えるのにも役だち、また、食後にチューインガムを噛むと歯に付着した食べかすを除去できる。一方、チューインガムに含まれる甘味料や各種添加物はむし歯やその他健康とのかかわりで問題となっており、材料や用い方について多くの異論が出ている。

[河野友美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チューイン‐ガム
〘名〙 (chewing gum) 口中でかみながら味わう菓子。サポジラの樹液チクルまたは合成樹脂に、糖分、薄荷、香料などを加えて風味をつけたもの。ガム。
※おかめ笹(1918‐20)〈永井荷風〉五「照子は頻にチュインガムを噛みながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューインガム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チューインガムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation