@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チューダー朝【チューダーちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チューダー朝
チューダーちょう
Tudor Dynasty
イギリスの王朝(1485~1603)。北ウェールズの君主の家宰であったエドニフェド(1246没)が家祖。その子孫オーウェン・チューダー(1400頃~61)と国王ヘンリー5世の妃で,王没後結婚したカサリンとの間に生まれた長男エドマンド(1430頃~56)は,1453年リッチモンド伯(→リッチモンド〈伯・公家〉)に叙せられ,1455年王家の遠縁にあたるボーフォート家のマーガレットと結婚し,ヘンリー(のちのヘンリー7世)をもうけた。オーウェンの次子ジャスパー(1431頃~95)はペンブルック伯になり,ウェールズ地方のランカスター派の指導者であったが,1471年テュークスベリーの戦いでランカスター派が最終的に敗北したのち,甥ヘンリーを連れてブルターニュに亡命。1485年8月ヘンリーは叔父とともに南ウェールズに上陸し,ボズワースの戦いリチャード3世を敗死させ,ヘンリー7世(在位 1485~1509)として即位,王朝を開いた(→バラ戦争)。その次男ヘンリー8世(在位 1509~47)ののち,3人の子,エドワード6世(在位 1547~53),メアリー1世(在位 1553~58),エリザベス1世(在位 1558~1603)が相次いで王位を継承したが,いずれも嗣子がなく,スチュアート朝の成立となった。なお,エドワード6世の死後,レディー・ジェーン・グレー(在位 1553.7.)が陰謀により王位についたが,9日間で廃位された。チューダー朝の時代はイギリスの絶対主義時代にあたり,中世を脱して近代国家に発展する基礎が固められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

チューダー‐ちょう〔‐テウ〕【チューダー朝】
Tudor》1485年、薔薇(ばら)戦争に勝ったランカスター家系のヘンリー7世が即位して創始した王朝。その後、ヘンリー8世エドワード6世メアリー1世エリザベス1世を出したが、1603年、エリザベスの死によって断絶。チュードル家。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チューダーちょう【チューダー朝 House of Tudor】
ヘンリー7世(在位1485‐1509)に始まり,17世紀初頭に至るイギリスの王朝。ウェールズ系のリッチモンド伯ヘンリー・チューダーは,その母がエドワード3世(在位1327‐77)の子ジョン・オブ・ゴーントの末裔であったために,ランカスター派の王位継承者とみなされ,ばら戦争最後の戦闘ボズワースの戦でリチャード3世を破ってヘンリー7世として即位。翌86年ヨーク家のエリザベス(エドワード4世の娘)と結婚し,ヨーク,ランカスター両家の対立終止符を打つとともに,王位の安全性を確かなものとした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チューダー朝
ちゅーだーちょう
Tudor

絶対主義の成立期および極盛期に君臨したイギリス王朝。ヘンリー7世(在位1485~1509)に始まり、ヘンリー8世(在位1509~47)、エドワード6世(在位1547~53)、メアリー1世(在位1553~58)を経て、エリザベス1世(在位1558~1603)に至る。したがって、ヘンリー7世がボスワースの野でリチャード3世を破って王冠を獲得した1485年から、エリザベスの死去した1603年に及ぶ、120年近くの支配であった。本来はウェールズの領主、オーエン・チューダーOwen Tudorのときからランカスター王家と緊密な関係を生じ、ばら戦争では同王家のために戦う。さらにその孫のヘンリー・チューダーはジョン・オブ・ゴーント(エドワード3世の第4子)の曽孫(そうそん)を母としたから、ヨーク家に対し王位継承権を主張しえた。内乱の平定によって成立した王朝であったため、王位の尊厳を維持し王権を強化することにはとくに意を用い、またそれに成功している。だが大陸風の絶対主義とは異なって議会の招集が継続されており、むしろ「議会における国王」が最高の統治者とみなされる。ヘンリー8世のごときは、議会の成長を促進した王である。社会の主勢力はジェントリで、貴族の勢力はやや衰えたとみられる。この王朝の成就(じょうじゅ)した大事業は、イギリス国教会の成立と、それに伴う修道院の解散である。重商主義政策をとって商工業を奨励、また海外発展を支援し、新航路の探検にも関心を示した。16世紀の後半には強国スペインと対抗してたじろがず、1588年にはアルマダ(無敵艦隊)を破る。イギリスのルネサンス期にあたり文運の興隆がみられたが、王朝はその推進者であった。

[植村雅彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チューダー‐ちょう ‥テウ【チューダー朝】
(チューダーはTudor) チューダー家がイギリスの王位を占めていた時代。一四八五年ヘンリー七世の即位から一六〇三年エリザベス一世の死まで。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューダー朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チューダー朝の関連情報

関連キーワード

イギリス史(年表)ボスヘンリー7世サンガッロテューダー朝上・揚・挙開・披・拓阿蘇惟忠

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation