@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チョウゲンボウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チョウゲンボウ
Falco tinnunculus; common kestrel
ハヤブサ目ハヤブサ科。全長は雄 33cm,雌 39cm。雌雄異色。雄は,頭部が灰色,背面は栗色で黒斑がある。喉から腹は薄い褐色を帯びた白色で黒い縦斑がある。尾は灰色で先端近くの黒帯が目立つが,先端は白い。雌は頭と尾羽が淡褐色で,全体に赤褐色に富む。北極圏を除くユーラシア大陸とサハラ砂漠を除くアフリカに分布する。北部で繁殖する鳥は温帯熱帯に渡って越冬する。日本では本州中部以北や北海道で繁殖し,おもに留鳥として生息するが,冬季は南部へ渡る鳥もいる。崖のくぼみや岩棚,コンクリートの建物,樹上のカラスの古巣などに巣をつくる。ほかのつがいが近くに営巣しても寛容で,集団繁殖することもある。小型哺乳類を主食とし,昆虫類や爬虫類,小鳥なども食べる。停空飛翔をして,あるいは見晴らしのよい場所に留まって獲物をねらう。(→タカ猛禽類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チョウゲンボウ
ちょうげんぼう / 長元坊
kestrel
[学] Falco tinnunculus

鳥綱タカ目ハヤブサ科の鳥。ヨーロッパの大部分と、砂漠を除いたアフリカの大部分、アジアの中部および南部で繁殖し、冬に移動するものもある。日本では本州中部および北部で繁殖し、冬は全国的にみられる。全長約30センチメートルの小形のハヤブサである。雄の頭部と尾は灰色、体の上面は茶褐色、下面は淡黄色で、いずれにも黒い斑点(はんてん)がある。雌は赤褐色で、下面は淡い。川沿いや海岸の断崖(だんがい)のくぼみや穴の中に4、5個の卵を産み、秋から冬にかけては、農耕地、埋立地、川原、飛行場などの開けた所にすむ。飛びながらノネズミやバッタを探し、みつけると停空飛翔(ひしょう)をしてねらいをつけ、急降下してとらえる。キッキッキッキッと鳴く。長野県中野市にある十三崖のチョウゲンボウ繁殖地は、1953年(昭和28)に国の天然記念物に指定されている。

[高野伸二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョウゲンボウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チョウゲンボウの関連情報

関連キーワード

オスカーエピオルニスオオタカオコジョサシバサンカノゴイ将棋ヌクテイ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation