@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チョウセンニンジン(朝鮮人参)【チョウセンニンジン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チョウセンニンジン(朝鮮人参)
チョウセンニンジン
Panax schinseng; ginseng
ウコギ科の多年草。中国,朝鮮半島に分布し,森林下に生えるが現在は薬用植物として畑で栽培される。日本でも享保年間 (1716~36) 頃から栽培されている。短い根直立または斜上し,その下端から白色多肉の直根が出る。根は先端部で分枝することが多い。根茎から1本の直立する茎が伸び高さ 60cmほどになる。葉は5枚の小葉から成る掌状複葉で,茎の頂部に3~4枚が輪生する。夏に,茎の頂部から1本の花軸を出し,頂部に散形花序をなして多数の淡黄緑色5弁の小花をつける。果実は扁球形で赤色に熟する。根に数種の配糖体や脂肪酸が含まれ,神経衰弱貧血性欲減退などに薬効がある。普通煎液,滲出液の1~10gを1日量として飲用する。和名は産地による名で,オタネニンジン別名もある。日本の山地にも同属の近縁種トチバニンジン (栃葉人参)があり,また北アメリカにはアメリカニンジン P. quinquefoliumがあって,どちらも根茎を本種の代用とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チョウセンニンジン【チョウセンニンジン(朝鮮人参) Asiatic ginseng】
根を薬用とすることで著名なウコギ科の多年草。ヤクヨウニンジン(薬用人参)とも呼ばれ,江戸幕府薬園に栽培したのでオタネニンジン(御種人参)ともいう。また単にニンジンともいうが,野菜のニンジン(人参)とはまったく別種である。年数を経たものは草丈約60cmとなり,茎の頂部に長い葉柄をもち,5小葉からなる掌状葉を4~6枚輪生する。夏季,茎頂から1本の細長い花茎をのばし,先端の散形花序に淡黄緑色の小さい花をつける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

チョウセンニンジン(朝鮮人参)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チョウセンニンジン(朝鮮人参)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation