@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チョウセンハマグリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チョウセンハマグリ
Meretrix lamarckii
軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。長 10cm,殻高 7cm,殻幅 4cmに達する。殻は厚く堅固,三角形状でふくらみは多少弱く,腹縁のふくらみも弱い。殻表は平滑光沢があり,色彩は個体的に変異し,白,灰,黒,褐色などの地に殻頂近くに淡い斑紋を生じる。内面白色で,外套線の湾入は小さく浅い。房総半島から九州までの外洋に面した砂底にすむ。肉は食用。殻は厚いので碁石白石をつくるのに使われており,特に宮崎県は産地として有名である。ゴイシハマグリ別名もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

チョウセンハマグリ
 [Meretrix lamarckii].ハマグリ目ハマグリ属の食用の二枚貝.海産

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうせんはまぐり【チョウセンハマグリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チョウセンハマグリ
ちょうせんはまぐり / 朝鮮蛤
Lamarck's hard clam
[学]Meretrix lamarcki
軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。鹿島灘(かしまなだ)以南の外洋に面した浅海の砂底にすむ。殻長100ミリメートル、殻高70ミリメートル、殻幅40ミリメートルに達する大形種。ハマグリに似ているが殻が厚く、三角形状で膨らみは多少弱く、腹縁の湾曲も弱いのが普通である。殻表は平滑で光沢があり、個体により色彩の変異があるが、斑紋(はんもん)は淡くあまり目だたない。また、外套(がいとう)湾入は浅く小さい。殻は碁石の白石の材料にされ、かつては宮崎県が有名な産地であった。このため本種にはゴイシハマグリの名もある。肉は食用にするが、ハマグリより多少堅く、味は劣る。[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョウセンハマグリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チョウセンハマグリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation