@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チョバン朝【チョバンちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チョバン朝
チョバンちょう
Chūbānids; Chūbāniyān
イラン,アゼルバイジャンを統治したモンゴル系王朝 (1338~57) 。イルハンアブー・サイード (不賽因)に仕えたスルドゥズ部族のアミール・チョバン (?~27) に始る。その孫ハサン・クーチェク (在位 38~43) がジャラーイル朝ハサン・ブズルグと争ってアゼルバイジャンの支配権を獲得。アシュラフ (在位 43~57) のとき,キプチャク・ハン軍の侵入により衰退,アシュラフが混乱のなかに殺されて滅びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョバン朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チョバン朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation