@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チョロギ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チョロギ
Stachys sieboldii
シソ科の多年草で,中国原産。古くから日本に渡来し,食用に栽培されている。は四角柱状で直立し高さ 30~60cmとなり,葉は長さ4~8cmの長楕円状卵形で対生し,縁に鋸歯がある。茎,葉ともにとげのような毛が密生する。秋に,茎の頂部に紅紫色の唇形花を数段輪生する。下唇の内側に赤い斑点がある。地下茎は盛んに分枝し,巻貝の形をした特徴ある白色の塊茎を先のほうに形成する。塊茎はデンプンを含まないが糖類の一種スタキオースを含む。秋から春にかけて,塊茎を掘出して食用にする。梅酢で赤く染めたものは黒豆とともに正月料理に用いる習慣がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チョロギ【Chinese artichoke】
シソ科の多年草。地下にできる塊茎を食用にする。中国の原産で水湿地を好み,日本には元禄年間(1688‐1704)に入ったらしく《農業全書》に最初の記載がある。和名朝鮮を経て入ってきたため,朝鮮語のジロイ(ミミズ)の転訛といわれている。19世紀になってヨーロッパに,20世紀になってアメリカに入ったといわれる。草丈は30~60cm程度で,茎は直立し断面は四角い。葉は対生で長円形で厚く,周縁には鋸歯があり,茎葉には毛がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

チョロギ
ちょろぎ
[学] Stacys sieboldii Miq.

シソ科の多年草。中国原産で、日本へは17世紀ころに渡来した。地下茎を食用とするため栽培されるが、栽培量は少ない。欧米でも多少栽培される。茎は高さ60センチメートル、葉は互生し、長卵形でしわがある。初秋、茎頂に淡紫色の唇形花を穂状に密につける。秋が深まり、地上部が枯れてくるにつれて地下茎の先が肥大し、長さ3センチメートル、太さ1.5センチメートルほどで、両端はとがり、中央部が数段にくびれた白いイモムシ状となる。初冬に収穫する。煮るとユリ根に似た味がし、煮食したり、漬物にする。正月料理では、梅酢に浸(つ)けて赤く染めたものを、黒豆を煮たものに添える。欧風料理ではゆでてバター炒(いた)めなどにする。

[星川清親]

文化史

中国原産の野菜で、日本には江戸時代初期に伝わったとみられ、『多識(たしき)編』(1612)に載る。『菜譜(さいふ)』(1704)には、和(あ)え物、吸い物に入れ、みそにつけてよしとあり、蜜(みつ)につけ菓子としても食べていたようである。チョロギは千代老木、長老貴、長老芋をあて、縁起植物として正月のおせち料理に使う。さらに、朝露葱とも綴(つづ)られるが、語源は朝鮮語でミミズを意味するチーロンイに基づくという。チョロギの根茎は節が多くて長く、ちょっとミミズを思わせる。中国名の草石蚕(そうせきさん)もそれをカイコに見立てた名。別名の甘露子(かんろし)は味による。

[湯浅浩史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

チョロギ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョロギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チョロギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation