@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チラシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チラシ
日本音楽,舞踊用語。 (1) 歌舞伎舞踊およびその三味線曲の終曲部分。段切れの前にあってテンポが速く動きの激しい高潮した部分。囃子があれば,大小鼓がにぎやかに奏される。 (2) 地歌箏曲。 (a) 三味線組歌の破手組などの終曲部分。6歌あるものでは,5歌目からの曲調が変る部分などをいう。 (b) 手事物手事の後奏。手事の気分を散らして次の歌にかかるつなぎとなる部分。テンポが速く,旋律的特色はあまりない。手事の二を「中チラシ」というときには,そのあとの後奏は「本チラシ」,「手事」が2回以上あるとき,最終の「手事」の「本チラシ」は「後ヂラシ」などという。また,手事の前奏は「マクラ」というが,そのチラシ的性格をもつものを「前ヂラシ」ということがある。 (3) 民俗芸能。陸前法印神楽の (ほこ) の舞や剣舞などにおける動きの型。また,山伏神楽の仏供養の墓獅子につけられる後歌を「チラシ歌」ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チラシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チラシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation