@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チリ硝石【チリショウセキ】

デジタル大辞泉

チリ‐しょうせき〔‐セウセキ〕【チリ硝石】
硝酸ナトリウム主成分とする鉱物無色および白・赤褐・・黄色などでガラス光沢がある。三方晶系チリ北部の乾燥地域に広く分布肥料などの原料ソーダ硝石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

チリしょうせき【チリ硝石 Chile saltpeter】
チリに産するソーダ硝石NaNO3鉱石。チリ北部のアタカマ砂漠地帯に長さ700km,幅15~80kmの範囲に多数のチリ硝石鉱床が分布する。鉱床は水溶性の塩類によって膠結された層状の砂質礫からなり,ソーダ硝石の平均品位は約25%,カリ硝石,岩塩,およびナトリウム,カルシウムマグネシウム硫酸塩を伴い,微量ヨウ素酸塩,ホウ酸塩,臭化物,およびリン酸塩を含む。アンモニアの合成とアンモニア酸化法による硝酸の合成が確立されるまで肥料や火薬の重要な原料であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

チリしょうせき【チリ硝石】
南アメリカのチリに産することから
硝酸ナトリウムを主成分とする鉱物。チリ北部の砂漠に分布。ガラス光沢をもち、色は白・紅褐・灰・黄色などで淡い。水によく溶ける。二〇世紀初頭にアンモニア・硝酸の合成法が確立されるまでは、肥料・火薬の重要な原料であった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

チリ硝石
ちりしょうせき
nitratine
もっとも代表的な硝酸塩鉱物の一つ。乾燥気候地域の土壌表面に皮膜状をなして産し、肥料として用いられる。その名にあるように南米チリには大きな鉱床があり、鉱床中には、副成分として、銅、クロム、ヨウ素などの鉱物が存在することがある。自形の報告はないが、その原子配列は方解石と同構造である。日本では、栃木県宇都宮市大谷(おおや)の凝灰岩(大谷石)の表面に、雨水のかからない箇所で少量着生することが知られている。[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チリ‐しょうせき ‥セウセキ【チリ硝石】
〘名〙 (南米のチリに多く産出するところからいう) ナトリウムの硝酸塩鉱物。組成式は NaNO3 で各種の塩類を含む。白色・赤褐色・灰色・レモン黄色などで透明なガラス光沢をもつ三方晶系の結晶。吸湿性が大きく水に溶けやすい。窒素肥料・硝酸・火薬・ガラスなどの原料として多量に用いられたが、現在ではアンモニアや硝酸の合成工業が発達したので需要が減った。ニトラタイト。天然硝酸ソーダ。ソーダ硝石。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

チリ硝石
チリショウセキ
Chile nitre

天然産硝酸ナトリウムNaNO3のこと.慣用的にはチリのAtacama砂漠地帯に多量に産出する天然硝酸ナトリウム鉱を精製したものをさす.純度は94~97%.N 15.5~16%.六方晶系ac = 1:0.8276.密度2.24~2.29 g cm-3.融点306.8 ℃.硝酸およびヨウ素の重要な原料資源である.水溶性で硫安より吸湿性が大きい.窒素肥料として1870年ころから用いられ,また硝酸火薬製造原料として重要であったが,アンモニア合成,硝酸合成工業の発達によりその需要は低下した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チリ硝石
チリしょうせき
硝酸ナトリウム」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チリ硝石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チリ硝石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation