@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

チルド鋳物【チルドいもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

チルド鋳物
チルドいもの
chilled casting
冷剛鋳物ともいう。普通の鋳鉄より炭素,ケイ素がわずかに低い鋳鉄 (C2.5~3.5%,Si0.3~0.9%,Mn0.3~0.9%程度) を用い,鋳型の必要部分に冷やし金をはめて鋳造してつくる鋳物。冷やし金の部分だけ急冷されて硬く耐摩耗性のよい白鋳鉄組織 (チル) になり,他の部分と内部は (ねずみ) 鋳鉄組織で,全体にはそれほどもろくない。金型に鋳込めば全面にチルが入る。これは,鋳鉄の黒鉛析出は,成分のケイ素によって促進されマンガンにより抑制されるが,冷却速度が速くても阻止される原理に基づく。用途は,圧延機用ロール,ボールミルライナ,砕鉱機顎板,ハンマ,鉄道車輪,土木機械部品など。チルの深さはロールの場合 15mm程度で,あまり深く入れるともろくなる。特殊鋳鉄にも用いられ,バナジウムクロムモリブデンはチルを入りやすくし,アルミニウムは阻害する。チルド鋳物の表面硬さはショア値 Hs70~85 (ブリネル硬さ換算値約 555~620) である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チルド鋳物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チルド鋳物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation